主な出版物のご案内

①心理相談室“こころ”の室長 定森恭司(臨床心理士)の著作です。福祉・教育・医療・保健・産業・司法・開業などの各領域で心理相談に関わる関係者向きの専門書です。「ホロニカル・セラピー」(定森恭司著)、遠見書房から2015年9月30日に発行されました。

ホロニカル・セラピー

②学校心理臨床に関わるスクールカウンセラーや教育相談に関わる関係者向けの専門書です。心理相談室“こころ”の室長 定森恭司(臨床心理士)、チーフカウンセラー定森露子(臨床心理士)及び契約カウンセラー前田由紀子(臨床心理士)らの共著です。教師とカウンセラーのための「学校心理臨床講座」(定森恭司編)昭和堂から2005年2月25日に発行されました。

見つかってくる答え

驚く方もいるかもしれませんが、心理相談では、あらかじめ正しい答えが用意されているわけではないのです。

しかし、あらかじめ正しい答えなどないのですが、自ずと、適切な方向性がみえてくるとはいえます。

たとえば、子どもの不登校状態に困っているお母さんがいるとします。お母さんの立場では、どうすればちゃんと子どもを学校に行かせることができるのかの答えのアドバイスを求めたくなるものです。しかし、心理相談では、あらかじめ子どもを学校に復帰させるための、よきアドバイスも、特効薬も特別な方法があるわけではないのです。しかしながら、不登校状態にある子どもにご家族がどのように対応していったら、これまで以上に、子どもの抱える生きづらさが少しでも生き易さに変容していくかについては、いろいろと試行錯誤していくなかで自ずと明らかになってくるのです。

心理相談では、答えはすでにあるものではなく、関わりの中から発見・創造するものとして、あるのです。  ( 定森恭司)

お知らせ

現在、新規の方の初回面接の予約が、ご希望の日時によっては、空きがなく、待機となる場合があることを、あらかじめご了承ください。

別の心理相談機関については、下記のサイトをご参照下さい。
参考サイト
①当室ホームページリンク集の心理相談室等
    http://kokoro.racoo.co.jp/link
②社団法人日本臨床心理士会のホームぺージ: 臨床心理士に出会うには
    http://www.jsccp.jp/near/

注1)心理相談室“こころ”のカウンセリングは、心理的悩みや問題に対して、来談者ご自身が、心の内・外を見つめ直すことによって、より生きやすい人生を創造的に歩んでいけるように、臨床心理学的方法によって支援するところです。
したがって、医療機関のように、「治療」や「治す」ことを目的としておりません。当室のカウンセラー(臨床心理士)は、あくまで来談されたご自身の「こころとの対話」による自己理解や生き方の整理のためのサポーター役とご理解ください。また、精神科や心療内科などの医療機関に通院の場合は、カウンセリングの適否について、主治医の了解を必要とします。

注2)初回面接は90分ほどかかり、料金は10,800円となります。初回面接後、もし、継続となった場合は、初回面を実施したカウンセラーが、そのまま担当し面接日時も初回面接を実施した曜日と時間帯をそのまま継続するのが原則です。無論、1回で終了したり、しばらく様子を見る場合もあります。

注3)ご不便をおかけしますが、日祝日・出張中・面接中は、電話に出ることができず、留守録対応となっています。留守録対応の時は、その都度、連絡可能時間帯等を案内していますので、ご参照ください。