お知らせ

現在、新規の方の初回面接の予約が、ご希望の日時によっては、空きがなく、待機となる場合があることを、あらかじめご了承ください。

別の心理相談機関については、下記のサイトをご参照下さい。
参考サイト
①当室ホームページリンク集の心理相談室等
    http://kokoro.racoo.co.jp/link
②社団法人日本臨床心理士会のホームぺージ: 臨床心理士に出会うには
    http://www.jsccp.jp/near/

注1)心理相談室“こころ”のカウンセリングは、心理的悩みや問題に対して、来談者ご自身が、心の内・外を見つめ直すことによって、より生きやすい人生を創造的に歩んでいけるように、臨床心理学的方法によって支援するところです。
したがって、医療機関のように、「治療」や「治す」ことを目的としておりません。当室のカウンセラー(臨床心理士)は、あくまで来談されたご自身の「こころとの対話」による自己理解や生き方の整理のためのサポーター役とご理解ください。また、精神科や心療内科などの医療機関に通院の場合は、カウンセリングの適否について、主治医の了解を必要とします。

注2)初回面接は90分ほどかかり、料金は10,800円となります。初回面接後、もし、継続となった場合は、初回面を実施したカウンセラーが、そのまま担当し面接日時も初回面接を実施した曜日と時間帯をそのまま継続するのが原則です。無論、1回で終了したり、しばらく様子を見る場合もあります。

注3)ご不便をおかけしますが、日祝日・出張中・面接中は、電話に出ることができず、留守録対応となっています。留守録対応の時は、その都度、連絡可能時間帯等を案内していますので、ご参照ください。

個人と経験の関係

「個人あって経験あるにあらず、経験あって個人ある」(西田幾多郎)、「私たちは身体を持つのではなく、身体そのものを生きている」(中村雄二郎)という哲学者たちの言葉があります。ちょっと振り返って考えてみると、「あっそうか」と頓悟する内容ですが、しかしこのことに気づくまでは、私たちは、案外、私という意識をもったもの(心理学では、自我といわれるます)が、あたかも何かを経験したり、身体を所有しているかのように錯覚しがちです。西田たちは、こうした理解の仕方に真正面から疑問を投げかけているわけです。

しかし、こうした哲学者のいわんとした意味が、なんとなくわかってくると、自分の力で生きているのではなく、私は生かされているんだということに気づくなど、人生観や世界観まで180度変化してくるから実に面白いものです。    (定森恭司)