場からの心理学の再構築

これまでの心理学を、物理的現象と心的現象が生成消滅することによって、自己と世界が立ち顕れててくるの立場から心理学を再構成することが重要と思われます。

<場とは>
・面接の場とともにクライエントが生きている生活の場を含みます。
・場には、あらゆるものが含まれます(存在と無、意識から無意識なるものまで、物理・生物・社会・歴史・文化・思想・宗教に至るまで)。
・刻々と変化する自己と世界が触れあう生きる場において、さまざまなこころの現象が
立ち顕れてきます。瞬間・瞬間、場において新たな自己と世界が創発されています。
自己の立場からみた時、自己にとっての意識野が場にあたります。場からみれば場が自己を通して自己に映されたものが無意識を含む意識といえます。
・物理的現象と心的現象が立ち顕れてくる場とは、東洋では、空、哲学的には絶対無と言われてきました。科学的には「量子化された場」の概念が類似するのかも知れません。
・場から生起してくる心的現象と物理的現象が、自己と世界を形成し、自己にとっては、多層多次元なこころの現象となって顕れてきます。
・場における自己と世界の一致の体験が適切で新たな観察主体と観察対象の変容をもたらし、この体験が新たな生活の場でのより適切な関係の構築を促進します。
・場において自己と世界の一致と不一致体験が繰り返され、適切な自己ならば自ずと自己を自己と世界が一致する方向に向かって自己を自己組織化します。
・場の立場からすれば、カウンセラーが直接クライエントと面接する機会がなくても、クライエントが生きづらさを感じている生活の場にカウンセラーが働きかけられることが出来たならば、場の変容がクライエントのより生きやすい人生の発見・創造に寄与することが可能となります。

<“こころ”への多様なアプローチの捉え方>
場から立ち顕れてくる現象に対する観察主体と観察対象の関係の複雑化が、多層多次元な心的構造を形成していきます。したがって “こころ”に対する既存の多様な理論やアプローチの違いも観察主体と観察対象の差異として記述していけば統一的に理解可能な道が開かれます。

<自己と世界及び直接体験と場の関係>
・自己と世界の触れあいの直接体験には、空間的にも時間的に生起する現象のすべてが包含されていくとともに、自己自体が場によっても包摂されていきます(自己と世界のホロニカル関係)。
・場である世界なくして存在する自己の概念は、考え出された自己であって実際には存在しません。自己は世界内存在として必ず存在します。西田幾多郎が指摘するように、「経験があって個人があり、個人があって経験があるのでない」のです。人間の意識中心主義に陥ると、場を忘れて、あたかも自己が世界から独立してあるかのような錯覚をもってしまうのです。
・場に包摂され場を包含していく直接体験を、自己がどのような観察主体からどのように観察しようとすかの違いによって、さまざまなこころにまつわる現象が立ち顕れてきます。
・場において自己は、世界から変容を迫られつつも自己は変容を迫りくる世界に対して能動的に働きかけることができます。
・場を自己の立場から見るところに、自己はこころの働きを実感します。
・自己は、直接体験の直覚を通じて、自己と世界ができるだけ一致する方向を求めて自己自身を自己組織化しようします。
・場における観察主体と観察対象の関係の複雑化は心的構造の多層多次元化を促進します。

意識の心理学から場の心理学への転換
・これからは、意識の主体から場を捉えていたホロニカル・セラピーから、意識の主体の立場を含んだ場の立場からホロニカル・セラピーを含むホロニカル・アプローチを再構成していきます。
・自己と世界の出会う場(面接の場やクライエントが生きている過去・現在・未来を含む生活の場を含む)からホロニカル・アプローチを探究していきます。
・場の立場からすれば、カウンセラーが直接クライエントと面接する機会がなくても、クライエントが生きづらさを感じている生活の場にカウンセラーが働きかけられることが出来たならば、場の変容がクライエントのより生きやすい人生の発見・創造に寄与することが可能となります。
・面接の場におけるクライエント/カウンセラー関係の一致・不一致体験の反復の中で、より両者が一致する方向に信頼関係が深まる時、クライエントの観察主体と観察対象(自己や世界)との関係も両者がより一致する方向に向かった変容が可能となります(血肉化する)。
・観察主体と観察対象をめぐって、自己と世界の不一致体験が累積すると、さまざまな心的症状や心的問題となります。
・生きづらさを実感している場合に実感と自覚を伴う変容のためには、場における一瞬・一瞬に創発されてくる自己と世界の一致の直接体験を基盤とすることが大切となります。
・面接の場での自己と世界の一致の直接体験の累積が、クライエントの観察主体と観察対象のよりよき変容を自己組織化し、クライエントの生活の場での生きやすさにつながっていきます。
・心に対する各理論や技法は、直接体験に対する観察主体と観察対象の差異の全体を、より統合的視点から俯瞰することができれば、同じ直接体験に対する差異として従前の臨床の智慧を生かすことが可能となります。
・ホロニカル・アプローチでよく行う外在化は、自己と世界の関係を安全で安心できる面接の場での無限の俯瞰によってもたらされるクライエント/カウンセラー関係の一致の体験が基盤となり、新たなクライエントとのこころの内・外にわたる対象関係の自発自転的な変容をもたらします。
・ケースの終了は、症状の消失や軽減ではなく、いつまでも支え続けることでもなく、クライエント自らが適切で新たな観察主体と観察対象の関係を再構築するか、適切で新たな自己と世界との関係を持ち始めクライエント自らがカウンセラーから離れて生きる覚悟をもてるようになった時といえます。
・ホロニカル・アプローチでは、治療とか、直すとか、解決とか、洞察とか、分析とか、受容とかいう視点の基盤として、クライエントが自己と世界とどのような態度で向き合うと、より生き易い道が発見・創造できるかをカウンセラーも共同研究的な姿勢で協働する関係を構築することがまずはすべての土台になると考えます。
・観察主体と心的症状や心的問題を観察対象としている時の両者の関係自体が変化しないことには変容が見込めない場合には、別の視座からの俯瞰(無限の俯瞰)する場が必要になります。
・観察主体と観察対象の関係の自発自展が阻害されている時は、阻害されている観察主体と観察対象の関係自体を、異なる観察主体から観察したり、異なる対象を観察対象とすることで、より生きやすい新たな人生の道が自ずと発見・創造されます。
・ある心的症状やある心的問題は、多層多次元にわたる自己と世界をめぐる悪循環パターンを内包しているため、面接の場でも反復されるが、面接の場でもしある層やある次元の観察主体と観察対象の関係の変容が起きれば、それは他の層や次元の変容につながります。
・頑固な心的症状や心的問題ほど、こころの多層多次元にわたる観察主体と観察対象の関係において悪循環パターンが見られ、その場でも再演されます。
・適切な観察主体が成立すればするほど、クライエント自発自展的に変容する可能性を獲得していきます。
・観察主体が脆弱なクライエントの場合は、適切な観察主体の成立を促進する場が必要です。
・ホロニカル・アプローチで実施される俯瞰において、もっとも大切なことは、クライエントの生きている場が少しでも安全で安心が体感されることを優先するです。
・窮極的ともいえる無限の俯瞰では、観察主体と観察対象との関係が絶対矛盾的自己同一となります。
(定森恭司)

他律的内的現実主体について

本来、内的現実主体という概念は、自己と世界の触れあいのさまざまな直接体験の各断片を、すべて同一の身体的自己における出来事として直覚し、それらを全一体験として統合していく主体(内我)のことを定義したものです。それに対して、他律的内的現実主体とは、本来向かうべき直接体験に向かって内我の意識の志向が向かわず、むしろ反対方向である外界や外我に向かい、かつ外界や外我の働きかけに対して服従するか受動的姿勢をとるようになる主体(内我)を定義し、内的現実主体と区別した概念です。

心理相談の現場で、最近増加してきているタイプを理解していくなかで創発された概念です。

他律的内的現実主体は、乳幼児期などの人生早期に形成されていけばいくほど、その後の人生における内我も他律性が強固なものとなっていきます。

脳の可塑性に富む乳幼児期における生物学的な特性や身体的自己の障害の有無、家庭養育や社会環境の変化などの各要因が、エピジェネティクスの研究が明らかにするように環境と遺伝が複雑に絡み合っての生理・生物学的変化が心理学的概念である内我の形成にも深く影響してきたことによって登場してきたと考えられます。

内我が、内的現実主体なのか、それとも他律的内的現実主体なのかの違いは、人生の歩み方に大きな違いをもたらします。

他律的内的現実主体は、衝動、欲動、欲求、食欲や身体運動感覚に対する直覚が極めて脆弱で、直接体験そのものを直覚するよりも、むしろ観察対象として、外我と一体となって知的・理性的に分析しようとする態度をとります。また他律的内的現実主体は、むしろ内的な衝動・欲動・欲求、食欲や身体運動感覚の出現を恐れその動きをできるだけ禁止したり、動きそのものをないものにしようとします。こうして、感じることよりも、考えてばかりの生き方になります。その結果は、「自己と世界も生命力のない無機質な物的なもの」となります。

また、人とのコミュニケーションにおけるやりとりも、場のをお互いの身体的自己の直接体験を媒介にして共有することができず、情緒的な交流や共鳴的関係を形成しにくくなり、親密な対人関係や場になじめないという問題をつくりだしていきます。

しかし、心理相談の場で遭遇する限りにおいては、こうした人々の自己の底には、絶叫したくなるような感覚が蓄積されていることが多いのも事実です。したがって、転機は、絶叫を抱えている自己の直接体験を実感・自覚するところから訪れます。しかし、莫大なエネルギーをため込んでいる絶叫の実感は、一歩間違うと内我や外我を破壊しかねません。絶叫の実感と自覚の作業は、核汚染された原子炉の廃炉作業にも似た慎重さが必要になります。
(定森恭司)

いろいろな私


「私(我)」って一体なんだろうとは、誰もが一度は考えるものです。

「我思う、故に我あり」の「我」も、「私」についての有名な哲学者デカルトの言葉です。

デカルトという人は、世の中のあるゆるものについて、それが本当にあるかどうかを徹底的に疑ってみた時、間違いなくあるのは、「疑っている我」だと発見したというのです。しかし、こうした「私」は、普段、「私は、○○です」と語ってる時の「私」のイメージとは異なり、「私は、○○です」と感じたり、考えたりしている私自身に気づく「私」といえます。「私」を観察の対象として「観察している私」のことを指しています。

そこでよくよく、こうした2つの私を想定した時、私たちは普段、「自分って駄目だな」「自分って本当馬鹿だな」「私ってつくづく○○が好きだな」などと、「観察する私」と「観察される私」が無意識のうちに対話しながら生きているといえます。

ところが、最近、いい意味での2つの私の生き生きとした対話と交流が失われ、「自分は駄目だ」「自分は馬鹿だ」などと観察する私が、ただ一方的に観察される私のことを批判・批評ばかりしている人たちが増えてきているような気がします。

                                                  定森恭司