お知らせ

ホロニカル心理学に基づく心理・社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

今回は、次の5編です。詳しくは、ホロニカル・マガジンをご覧ください。
「真の自己を求めて」:自己に世界を映し、自己と世界の一致を求めることが、真の自己を求めることではないでしょうか?
「意識とは」:意識とは、どのようなものと考えればいいのでしょうか。
 「科学の論理」:科学の論理は、直接体験に含まれる論理であることが大切と考えられます。
 「主体(私=現実主体)とは」:「主体(私)」とは、本来、刻々変化しているものではないでしょうか。
「現代社会」:現代社会の特徴とは?
 http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと、「マガジンをメールで購読」とありますので、「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能です。

お知らせ

新型コロナウイルス感染症に関して愛知県非常事態宣言が発令されたことに伴い、2020年4月22日(木)から臨時対応として新規の方の予約の受付を自粛してきたところですが、政府の愛知県に対する非常事態宣言の解除に伴い、新規の方の初回面接を再開することにしました。

ついては、初回面接をご希望の方は、ホームページ上の「お問い合わせ・ご予約フォーム」または電話(052-852-8381)にて、お問い合わせください。

なお、当室では、換気、消毒、適切な面接距離及びマスクの活用など、万全の体制を図っておりますが、体調不良の場合は来室をお控えください。

お知らせ

ホロニカル心理学に基づく心理・社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

今回は、次の5編です。詳しくは、ホロニカル・マガジンをご覧ください。
 「2.5者関係」:まずは母子関係など2者関係が大切よくと言われますが、 2者関係自体が、もっと多の人に包摂されていないとダメではないでしょうか?
「真理の発見・創造」:真理は、直接体験の中に発見・創造されると思われます。
「いろいろな私」:私という意識の中には、いろいろな私がいるのでないでしょうか?
 「『事』に生きる」:一刻・一刻。変化する出来事の世界に生きています。
 「真の主体とは」:真の主体とは、自己自身を創り出しているような自己超越的なものではないでしょうか?
 http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと、「マガジンをメールで購読」とありますので、「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能です。

お知らせ

ホロニカル心理学に基づく心理・社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

今回は、次の5編です。詳しくは、ホロニカル・マガジンをご覧ください。
 「ツボ」:ツボを押さえるのが、ツボです。
 「IT(それ)」:一即多、多即一の無限の世界をつくりだす働きがあると思われます。
 「不安とのつきあい方」:近すぎず、といって遠すぎずの距離が大切です。
 「自殺願望について」:身体は生きようとしています。
 「部分と全体」:部分と全体は、縁起的包摂関係(ホロニカル関係)にあります。
 http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと、「マガジンをメールで購読」とありますので、「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能です。

お知らせ

2020年4月22日(木)に新型コロナウイルス感染症に関して、5月10日(日)まで、新規の方の予約の受付を自粛することにしましたが、5月4日(月)に緊急事態宣言の延長を受けて、当面の間、新規の方のみ新たな受付の自粛を延長することにしました。

なお、新規受付再開については、ホームページのトップページの「NEWS」で、できるだけ早くご案内していく予定ですので、しばらくの間、お待ちいただくようお願い致します。

なお、すでに当室をご利用されている方については、換気、消毒、適切な面接距離及びマスクを使用するなど、万全の体制を図りながら、これまで通り心理相談を継続しておりますのでご安心ください。

お知らせ

ホロニカル心理学に基づく心理・社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

今回は、次の5編です。詳しくは、ホロニカル・マガジンをご覧ください。
 「孤独な人生を分かち合う」: 人生の悲哀を分かち合うことのできるのが仲間では。
「言語の二重性」:外我の言語と内我の言語があると考えられます。
「『気になる他者』について」:「親密な他者」となる前に、せめて「気になる他者」になりたいものです。
「苦悩は創造の契機」:苦悩のまっただ中でこそ、創造的な人生が発見・創造されるのではないでしょうか。
「個別性と一般性」:個別性と一般性は、ホロニカル関係(縁起的包摂関係)にあると考えられます。

 http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと、「マガジンをメールで購読」とありますので、「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能です。