お知らせ

ホロニカル心理学に基づく心理・社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

今回は、次の5編です。詳しくは、ホロニカル・マガジンをご覧ください。
 「対話の時代」:一致を求めての共感以上に、不一致の中から協働して一致を発見・創造するような対話が求められる時代ではないでしょうか。
 「無意識の意識化」:無意識の破壊的エネルギーを創造的エネルギーに変換する智慧が大切と思われます。
 「ホロニカル心理学の研究法」:“こころ”の研究においては、観察主体と観察対象の不確定性を前提にしながらも、エビデンスのある研究を探求することが必要と考えます。
 「自己と世界の一致の希求」:自己と世界のせめぎ合いのうちに、自ずと自己と世界の一致に向かう新しい生き方が創発されると思われます。
 「『時』に目覚める」:一瞬・一瞬の永遠の今に目覚めて生きることが大切です。

http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと、「マガジンをメールで購読」とありますので、「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能です。

お知らせ

ホロニカル心理学に基づく心理・社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

今回は、次の6編です。詳しくは、ホロニカル・マガジンをご覧ください。
 「ねば思考について」:実感の裏付けを伴う「ねば思考」は大切では?
 「歩くとは?」:「歩く」の表現だけでも多様です。
 「心理学のよって立つところ」:心理学は自己の探求であるとともに、利他の探求と考 えられます。
 「信念対立と超克」:信念の対立をどのように考えればいいのでしょうか。
 「対立が創造の源」:不一致による対立が創造の源ともいえます。
 「直接体験(1):」:実際に存在する世界とは、自己と世界の出あいの直接体験の世界 と考えられます。

http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと、「マガジンをメールで購読」とありますので、「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能です。

お知らせ

ホロニカル心理学に基づく心理・社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

今回は、次の5編です。詳しくは、ホロニカル・マガジンをご覧ください。
「自己とは(2)」:自己とは、相反する傾向を抱え込んだ自己組織化する統一体といえます。
「自覚のための参照枠」:自己と世界の出あいの直接体験が生きるための大切な参照枠ではないでしょうか。
「対人関係について」;場が対人関係に影響し、対人関係が場に影響していると考えられます。
「真理」:ホロニカル心理学の立場から考える「真理」です。
「絶対に実在するもの」:現実即絶対と考えられます。

 http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと、「マガジンをメールで購読」とありますので、「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能です。

お知らせ

ホロニカル心理学に基づく心理・社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

今回は、次の5編です。詳しくは、ホロニカル・マガジンをご覧ください。
「他律的内的現実主体について」:新しいタイプの人が登場してきたように思われます。
 「物語の源」:感じるところから物語がはじまると思われます。
 「神から自我へ 自我から自己へ」:自我同一性より自己同一性が大切な時代へと変化してきていないでしょうか。
 「自己と世界の自己表現」:自己も世界も多様な自己表現と考えられます。
 「“こころ”とは」:絶対無=“こころ”ではないでしょうか。

 http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと、「マガジンをメールで購読」とありますので、「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能です。