お知らせ

現在、新規の方の相談を受け付けるための空きがありません。大変ご迷惑をおかけしますが、また時期をみてお問い合わせください。

なお、心理相談にはタイミングが大切ですので、もし、お急ぎの場合は、下記サイトをご参照にされるなどして、他の相談機関に一度お問い合わせください。

参考サイト
①当室ホームページリンク集の心理相談室等
    http://kokoro.racoo.co.jp/link
②社団法人日本臨床心理士会のホームぺージ: 臨床心理士に出会うには
    http://www.jsccp.jp/near/

注1)心理相談室“こころ”の心理相談は、心理的悩みや問題に対して、来談者ご自身が、“こころ”の内的世界や外的世界を見つめ直すことによって、より生きやすい人生を創造的に歩んでいけるように、臨床心理学的方法によって支援するところです。

したがって、医療機関のように、「治療」や「治す」ことを目的としておりません。当室の相談員(臨床心理士)は、あくまで来談されたご自身の「こころとの対話」による自己理解や生き方の整理のためのサポーター役とご理解ください。また、精神科や心療内科などの医療機関に通院の場合は、心理相談の適否について、主治医の了解を必要とします。

注2)初回面接は、90分ほどかかり、料金は11,000円となります。初回面接後、双方の話し合いで必要となれば、継続の面接となります。無論1回で終了したり、しばらく様子をみることもあります。

また継続となった場合、個別面接の場合は、1週間に1回のペースの場合が1回8,800円(現在、空きがありません)、隔週1回の場合は、9,900円(消費税込み。1時間)、月1回の場合、11,000円(消費税込み。1時間15分)、合同面接の場合は、11,000円(消費税込み。1時間15分)となります。

注3)ご不便をおかけしますが、日祝日・出張中・面接中は、電話に出ることができず、留守録対応となっています。留守録対応の時は、その都度、連絡可能時間帯等を案内していますので、ご参照ください。

お知らせ

ホロニカル心理学に基づく心理・社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

今回は、次の5編です。詳しくは、ホロニカル・マガジンをご覧ください。
「自己とは(3)」:自己とは、有(生)と無(死)のせめぎ合いうところに存在するといえます。
「心理学(2)」:心理学は、実感を自覚していくところに成立すると考えられます。
「統合について」:内的世界の統合以上に、外的世界の統合が難しいものです。
「複雑化する高次なホロニカル主体(理)」:ホロニカル主体(理)は、より深化すればするほど複雑で高次な理を包摂していくと考えられます。
「心理社会的支援の創発性」:適切な心理社会的支援には、発見・創造的展開が見られます。

http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと、「マガジンをメールで購読」とありますので、「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能です。

お知らせ

ホロニカル心理学に基づく心理・社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

今回は、次の5編です。詳しくは、ホロニカル・マガジンをご覧ください。
「多様性」:世界だけでなく、自己自身が多様な存在と思われます。
「現実とは」:既に発見・創造されたものと、未だ発見・創造されていないものから現実は成り立っています。
「生命」:古いものが破壊され新しいものが生まれるところに生命活動がみられまます。
「存在と意識の唯一性について」:存在と意識の唯一性に関する論考のエッセンスです。
「ABCモデル(1)」:ホロニカル・アプローチの基本的モデルを「ABCモデル」と命名しています。

http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと、「マガジンをメールで購読」とありますので、「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能です。

お知らせ

ホロニカル心理学に基づく心理・社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

今回は、次の5編です。詳しくは、ホロニカル・マガジンをご覧ください。
「IT(それ)について(7)」:「IT(それ)」と絶対無(空)は、本来同一でありながら、絶対的に矛盾する関係にあります。
「マインドフルネス」:マインドフルネスは、ホロニカル心理学の「ただ観察」に相当します。
 「生きる場所」:内的世界と外的世界が不一致・一致を繰り返す場が自己にとって生きる場所といえます。
 「自己に世界を映す」:直接体験とは、自己に世界を映す場といえます。
 「非連続的連続」:世界は、一瞬・一瞬が非連続的に変容する無常の世界といえます。

http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと、「マガジンをメールで購読」とありますので、「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能です。

お知らせ

ホロニカル心理学に基づく心理・社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

今回は、次の5編です。詳しくは、ホロニカル・マガジンをご覧ください。
 「心理学」:心理学と哲学と宗教の関係は?
 「We are not alorn in the world」:あるバケツに書かれた言葉です。
「自己の多様性と可塑性」:自己は、思っている以上に複雑で多様な存在と思われます。
 「無限の創造力」:“こころ”には無限の創造力があると思われます。
「瞬間・瞬間」:瞬間・瞬間の一刹那が実在する世界と考えられます。

http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと、「マガジンをメールで購読」とありますので、「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能です。