お知らせ

ホロニカル心理学に基づく心理社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

今回は、次の5編です。詳しくは、ホロニカル・マガジンをご覧ください。
「ホロニカルな世界(2)」:“こころ”は、ホロニカルな世界といえます。
「一即多」:一即多が働く場所に、人は慈悲や愛の働きを体感してきたといえます。
「ホロニカル主体(理)(3)」:自己の自己組織化は、ホロニカル主体(理)の働きによります。
「隠蔽された場」:人類史は、「場」の霊的な力を隠蔽してきたといえます。
「『見るもの』は、『見られるもの』でもある」;究極の観察主体と究極の観察対象が合一の関係にあると考えられます。

http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと、「マガジンをメールで購読」とありますので、「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能です。

お知らせ

ホロニカル心理学に基づく心理社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

今回は、次の5編です。詳しくは、ホロニカル・マガジンをご覧ください。
「意志をもった創造的な“こころ”」;心理社会的な歴史的世界とは、意思や判断が深く関係する物語的世界といえます。
「生かされている」;「生きている」のか「生かされているのか」では、人生の歩み方が異なってきます。
「個的自己と超個的自己」;個的自己の世界との不一致/一致を、超個的自己から自由無礙に俯瞰することが大切です。
「適切な自己組織化を促進する極限」;適切な自己組織化は、量子論的な探求によって、より明らかになっていくかも知れません。
「部分と全体のホロニカル関係」;ホロニカル心理学の中心概念です。
 
http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと、「マガジンをメールで購読」とありますので、「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能です。

お知らせ

ホロニカル心理学に基づく心理社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

今回は、次の5編です。詳しくは、ホロニカル・マガジンをご覧ください。
「生成・消滅の原理について」:自己は、さまざまな情報を継承し、かつ未知の可能性を包含していると考えられます。
「『IT(それ)』(3)」:ホロニカル心理学では、「神」「仏」と呼ばず、「IT(それ)」とします。
「生きることにぎりぎりの人から学ぶ」;生きることに精一杯な人たちへの支援から新しい社会の方向が明らかになってきます。
「死」:ホロニカル心理学的な死の捉え方です。
「旅の思い出」:旅に関するブログです。
 
http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと、「マガジンをメールで購読」とありますので、「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能です。