お知らせ

ホロニカル心理学に基づく心理社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

今回の自動配信は、次の5編です。詳しくは、ブログをご覧ください。自動配信以外にも、ホロニカル・マガジンには、随時、いろいろアップしています。「検索」機能、「最近の投稿」「カテゴリー」「アーカイブ」の機能を使いながらホロニカルな世界をお楽しみください。

「識別・判断とは」:心理的支援においては、識別し、判断しようとする行為そのものが観察対象に与えてしまう影響を考慮する必要があるのではないでしょうか。
「“こころ”とは(29)」:“こころ”とは、事物のように「有」ではないが、「無」のものとして「在る」と考えます。
「テトラレンマ的理解」:現代社会を紐解くためには、これまでの西洋の二元論的なロゴスの論理から、仏教思想に見られるような東洋のテトラレンマの論理がヒントになるように思われます。
「内的世界と外的世界」:内的世界は心理、ワーカーは外的世界を扱うといった棲み分けは実践的でないと思われます。
「共感とは(2)」:自己と他者が一の関係になることではないのでは・・・。

 http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/ をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと、「マガジンをメールで購読」とありますので、「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能です。

※対人援助職にある専門家に対するスーパービジョンや教育的自己分析をご希望の方は、「お問い合わせ・ご予約フォーム(http://kokoro.racoo.co.jp/yoyaku)または、お電話(052-852-8381)にて、お問い合わせください。スーパービジョン及び教育的自己分析の方法は、「ホロニカル・アプローチ」及び「ホロニカル心理学」によります。「ホロニカル・アプローチ」及び「ホロニカル心理学」は、“こころ”の内的世界及び外的世界を共に扱う心理社会的支援法の統合的アプローチの立場です。参考図書は下記の通りです。

<参考図書>
・「子ども虐待事例から学ぶ統合的アプローチ─:ホロニカル・アプローチによる心理社会的支援」(2022年4月7日発行)
  千賀則史・定森恭司著,2022年,明石書店.
・「ホロニカル・アプローチ:統合的アプローチによる心理・社会的支援」
 定森恭司・定森露子著,2019年,遠見書房.
・「ホロニカル・セラピー:内的世界と外的世界を共に俯瞰する統合的アプローチ」
   定森恭司著,2015年,遠見書房
・「教師とカウンセラーのための学校心理臨床講座」
   定森恭司編,前田由紀子・中村美津子・花井正樹・定森露子著,2005,昭和堂.

http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/