お知らせ

ホロニカル心理学に基づく心理社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

今回は、次の5編です。詳しくは、ホロニカル・マガジンをご覧ください。
「存在について」:あらゆる存在は、生成消滅を繰り返す流動的なものといえます。
「『「T(それ)』(4)」:究極的には、自己は自己超越的な「IT(それ)」に包摂されると考えられます。
「ホロニカル関係」:ホロニカル関係の理は、ある局面のあるホロニカル関係の情報をそのまま他の多層多次元にわたる他のある局面が重々無尽に包摂する理として働きます。
「身体的な内的体感への焦点化」:離人感が強く、失感情的な人たちには、身体に関する内的体感を直覚できるように支援することが大切です。
「個性化」:個性化とは、そもそも自己とは何かという問いを含むものと考えられます。

http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと、「マガジンをメールで購読」とありますので、「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能です。