お知らせ

ホロニカル心理学に基づく心理社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

今回は、次の5編です。詳しくは、ホロニカル・マガジンをご覧ください。
「不一致・一致の刹那」:ホロニカル心理学では、刹那、刹那において、本来「一」の世界が多層多次元な「多」の世界となって同時顕現すると考えます。
「悲哀と慈愛」:自己と他者の不一致に対して、一致を求めるような愛欲ではなく、元来一だったものが多となって対立していることに目覚める時、悲哀を受け止めることが可能になります。
「認識について」:認識は、知・情・意を含む直接体験の直感に基盤をおくものでなくてはならないと考えられます。
「論理」:西洋の「思惟の論理」と、東洋の「テトラ・レンマの論理」は異なります。
「社会的包摂能力」:「あんたは産みさえすえばいい、あとは島が育てる」(ある島の園児募集の看板にあった言葉)

http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと、「マガジンをメールで購読」とありますので、「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能です。