お知らせ

ホロニカル心理学に基づく心理・社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

今回は、次の5編です。詳しくは、ホロニカル・マガジンをご覧ください。
「死について」:死への不安・恐怖の問題を扱うなかで、生の意味をつまびらかにしていくことが大切だと思われます。
「神経症とは」:アメリカの精神医学界の「DSM-III(第3版)」で多くの反対を押し切って排除してしまった、「神経症」という概念を、ホロニカル心理学の立場から説明を試みてみました。人間の苦悩は、個人の病理の視点だけは説明できない、もっと実存的な深い意味があると考えられます。そこからむしろ学ぶことの方が多いと思います。
「歴史的世界」:人は誰もが、意識しているか、していないかに関係なく、歴史的世界に生まれ、歴史的存在として生きて、そして新たな歴史的世界を創造して死ぬと考えられます。
「“こころ”に学ぶ」:苦悩する“こころ”に習い、“こころ”から学ぶところを出発点にしたいと思っています。
「ホロニカル心理学誕生の源」:少し長くなりましたが、ホロニカル心理学の誕生の原点を整理し、まとめてみました。

 http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/ をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと、「マガジンをメールで購読」とありますので、「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能です。