こころの専門家とは誰のことか

専門家と非専門家とが対等の立場でワイワイガヤガヤと相互交流できる時に、もっともよき問題解決策が創発されるものです。

こころのことに関しては、心理学の専門家は、心理学に関しては非専門的な立場にある人のこころの可能性を広げることのできる存在でなければなりません。

こころのことに関しては、専門性の意義とは、心理学の専門家が門外漢外の人に対して、心理学の専知識を感化することにあるわけではありません。

こころのことに関する限り、こころの問題の問題解決の主体は専門家にありません。

こころの問題に関する限り、こころの問題を抱えている人自身が、自らの抱える心的問題に自ら解決していけるように支援できる程度において専門性の意義があるといえます。

こころのことに関する専門家とは、心理学に関しては非専門的であろとうとなかろうよと、その問題を抱える人の問題解決の主体性が回復したり、拡充・強化できる人でなければならいのです。

もっと正確にいうならば、心理学を学ぶ専門家は、こころの問題を抱える人が、自らのこころが問題解決の力をもっていることを信じている人である必要があるのです。  (定森恭司)