カウンセリングをめぐって

相談室

カウンセリングに対する社会的ニーズがとても高い時代になっています。しかし、「カウンセリングとは」という問いを立てた途端、定義や言葉の使い方が実はかなり人によって違いがあることが明らかになります。こうした多様性・多義性は、さまざまな混乱やカウンセリングを受けることへの抵抗の要因にもなっています。

こうした混乱を避けるために、カウンセリングとセラピーとをできるだけ区分しようとする考え方もあります。この時、次のような視点による区分が一般的です。「心の比較的浅い(表層)レベルの変化を目指しているか、深いレベル(深層)の変化を目指しているのか」「発達・成長促進的視点か、治療的視点か」「支持的か、洞察的か」「日常的現実的テーマを扱うか、内的なテーマを扱うか」と言った具合です。しかし実際の面接場面では、両者の区分は難しいのが現実です。それだけに浅いレベルの問題だから、あまり専門的訓練を受けていないカウンセラーでも大丈夫だろうと考えるのは危険でしょう。

以上のことを踏まえて、心理相談室こころでは、カウンセリングを他の概念との区分を明確化して定義しようとする狭義に使用する立場とは逆に、カウンセリングという用語をセラピー(心理療法)、心理相談を含むものとして広い意味で使用しています。

この立場をとるには理由があります。心の表層レベルは、いつも深層レベルに影響していますし、深層レベルは表層レベルに影響を与えています。また、外界での体験は内界に影響してくるし、内界での体験の変化は外界の認識や理解に仕方に影響していきます。また、心の発達・成長は心的症状や問題行動を変容させる力をもっていますし、心的症状や問題行動の消失や解決は心の発達や成長を促進します。

そこで心理相談室こころでは、カウンセリングとセラピーを区分することよりも、両者を統合的にとらえていく方が重要と考えています。心を外的現実から心的現実まで、深層から表層まで、意識から無意識まで、幅広く総合的に捉えていこうとする姿勢を大切にしているわけです。    (室長 定森 恭司)