ホロニカル体験の増幅・拡充

ホロニカル・セラピーにとって、もっとも大切な体験は、自己と世界が無境界となるホロニカル体験実感と自覚の促進です。自己=世界の感覚の実感と自覚といえます。
普段、何も意識せずに無心になっている時が、自己=世界となっている状態であることの実感と自覚のことです。

ホロニカル体験があればあるほど、自己と世界の不一致の苦悩に耐える力をもつことができます。そこで、ホロニカル体験の実感と自覚を増幅・拡充するためのワークが重要となってきます。

ホロニカル体験を得るために、不一致の要因を分析したり洞察したりする作業を続けながら、すべての観察対象を徹底的意識化し、意識の中心である統覚主体に統合していくという西洋的やり方もありますが、しかし、そうした方法では、究極的な統覚主体が最後まで観察主体となって観察主体との間に立ちふさがり、案外、ホロニカル体験を阻むことになりがちです。その結果、ホロニカル体験を得ることはできにくくなります。

そこで、観察主体と観察対象の不一致を一致の方向に向かって意識的に統合をする方法でなく、むしろ最初から観察主体と観察対象の境界を断ち切り、一挙にホロニカル体験を目指す方法も積極的に取り入れることが考えられます。極めて禅的瞑想の近い方法といえます。

禅的瞑想では、一切の言語を排して観察主体が無となって内的世界・外的世界に向かって直接体験を一気にあるがままに直覚することによってホロニカル体験を得ようとします。そしてホロニカル体験に至るまでの様々な考え、表象・イメージなどのすべては幻として排し、直接体験そのものをあるがままに直覚しようとするのです。座禅がまさにそうした修行法として編み出されたといえます。

禅的瞑想でなくてもいいので、観察主体が無となって内的世界・外的世界をそのまま見る方向に向かうと類似体験を得られます。 自己及び世界をひたすら無心となって観想するのです。そして無心になりきれたと瞬間、世界からホロニカル体験がやってきます。禅の高僧ほどの境地には至りませんが、一瞬の悟りのようなホロニカル体験は誰でも得られます。

ホロニカル体験を実感・自覚できた人は、自己と世界の一致体験を基盤に、自己と世界の不一致の時を一致にむかって自己を自己組織化することが意識的に可能となりやすくなります。