ユング心理学とホロニカル・セラピー

分析心理学で有名なユングは、意識作用を外的心的事実の意識と内的心的事実に方向づけることができるとし、外的心的諸機能として「感覚」「「思考」「感情」「直観」があるとしました。

しかし、「感覚」と「直観」、「感情」と「思考」の双方の両立は難しく、どちらかが優越機能となる時は、他方が劣等機能となるとしました。

一方、内的心的諸機能としては、「記憶、主観的構成要素、興奮・滲入)があるとしました。これは外的心的世界を光とすると、影にあたる概念として扱われていています。しかも、それは自我の影としても意味づけられています。

ホロニカル・セラピーも意識の働きを2つの方向にわけます。意識の働き手の中心に「我」があるとみて、「外我」と「内我」にわけますが、ユングの区別とは異なります。 外我は、観察主体が観察主体が観察対象をしっかりと区別し、観察対象となる自己および非自己化された世界を観察対象とする時に生起する時の意識の主体とします。

それに対して、内我は、自己と世界の出会いの直接体験をできるだけそのまま直覚しようとする時に生起する意識の主体とみています。

したがって、ユングの外的心的諸機能の直観とか感覚とか感情とも内的現実主体の機機能とし、認知・思考など分別をする時に働くユングの思考は専ら外我の機能と考えています。 また、ユングの心理学では、内的心的諸機能は、外的心的諸機能の影、自我の影(デーモニッシュなもの)という扱いですので、影をとても恐れ・畏怖し、その扱いに慎重となり、その影の意識化が重要テーマになっています。ユングはやはり西洋人であり徹底的に物事の意識化を重視する意識中心主義の立場にあるといえます。

しかしホロニカル・セラピーでは、東洋的な視点、特に禅思想と相似的で、観察主体と観察対象が一致する無境界方向、すなわち無我の方向にあるホロニカル体験の直覚を重視し、不一致の時に出現するデーモニッシュなものの扱いも、意識化というよりもできるだけ不問に付したり、一旦、脇に置くことで、影の出現の沈静、消融を図ろうとします。

自己と世界との不一致をできるだけ意識的に一致させようとするのではなく、自己と世界の一致体験によって、自己と世界の不一致体験が、できるだけ一致する方向への自己変容の可能性を見つけようとする態度といえます。

徹底的な現実主体による直接体験の徹底的意識化によって自己の安定化を図るのでなく、自己が自己自身の自己と世界の出会いの一致の直接体験に身を委ねられる道を目指しているといえます。