体験との照合の大切さ

生きているという直接の体験を、言葉ですべて語り尽くすことは困難といえます。

たとえ、言葉で語ったとしても、体験のもっている豊かさのほんの僅かなことについて触れることができる程度に過ぎません。でも、語り尽くすことができないからといって、体験を実感するということの価値の大切さが決して何ら失われるわけではありません。時に、生きているという実感を味わうためには体験の実感の大切さを看過してはなりません。

ところが、現代社会は、体験の実感よりも、体験との自己照合なき情報を沢山持っていることの方に価値をおく生き方に変化してきたように思えます。しかし、そうした生き方では、生きているという実感から疎外されてしまうのでないでしょうか?

体験との照合なき自己選択や自己決定は、主体的に生きているという実感を喪失させるばかりでなく、人生が情報にひたすら翻弄されるような他律的なものに変えてしまうのではないでしょうか?      (定森恭司)