倫理

信頼できる倫理というものは、直接体験の蓄積に伴う感性的直覚と理性的判断との複合的作用から形づくられます。
感性的体験の累積と理性的判断の交差するところに倫理が形づくられてくるのです。

感性的体験の累積のない理性的判断は、強迫的な教条的倫理となり、人を追い詰めてしまいます。