共感とは

人と人の共感的一体感ともいえるホロニカル体験は、自己と他者との一体化といえます。この時、他者とは、自己とは異なる非自己化された世界といえるので、自己と世界の一体化と言い換えられます。共感的関係がホロニカル体験である限り、自己=世界となり自己と世界の境界は消えさり、無境界となっています。

ホロニカル体験時は、自覚なき無意識的体験といえます。そこには、何かを区分したり識別するという認識行為が一切働かず、人と人が共鳴的な波動そのものの真っ直中にあります。ホロニカル体験時には、内的世界と外的世界の区分も一切なく、すべてがホロニカル体験として一となっています。

しかし、ほんの少しでも意識が働くと、一体化は忽ちにしてすべは意識するものと意識されるものに分断されます。
意識する主体がなく無意識にもかかわらず体験といえるのは、ホロニカル体験には、無境界的な感性的体感がしっかりとあるからです。有るか無いかという意識的区分に関係なく、感じることとして確かにあるからです。だからこそ体験直後にこうした感性的体感をたしかな手がかりとして、ホロニカル体験があったと主体はあとで意識的に自覚できるようになっているわけです。

ホロニカル体験があるから、瞬時にして意識し自覚することができるのであって、意識するからホロニカル体験があるのでないことに注意を払う必要があります。むしろ意識的にホロニカル体験を求めようとすると、ホロニカル体験を意識しようとする主体とホロニカル体験の間に分断され、ホロニカル体験は得られません。禅の修行者が悟りを求めて悟りを得られないとの相似的な現象が起きます。

したがって、人と人のホロニカル体験でもある共感は、共感しようとするものでなく、人と人の間に自ずと生まれてくるものとしてあるといえます。共感を求める人は、ホロニカル体験をいつまでも得ることができず、共感を得られないことに激しい憤怒を抱きがちです。また共感をする人は、共感をされたと錯覚する人の幻想的一体感への嗜癖をもたらすことになるわけです。