内観と外観

我を無として対象をみる方向は、自己に向かう内観的方向ばかりでなく、世界に向かうという外観的方向でも可能です。

内的現実主体も外的現実主体も自己と世界の出会いの直接体験に包摂される時、我は無となり、ホロニカル心理学でいう自己と世界が無境界となるホロニカル体験となります。

内観方向では、外的現実主体が内的現実主体に包摂され、外的現実主体を包摂した内的現実主体が自己と世界の出会いの直接体験に含まれつつホロニカル体験を直覚することになります。直接体験に対して自己からアプローチする方法といえます。

これに対して、外観方向では、内的現実主体が外的現実主体に包摂され、内的現実主体を包摂した外的現実主体が自己と世界の出会いの直接体験の含まれつつホロニカル体験を直覚することになります。直接体験に対して世界からアプローチする方法といえます。

極限的内観と極限的外観は、直接体験の表裏の差といえます。