呼吸について

呼吸に意識を合わせることは、今・ここに意識を合わせることにほかなりません。

自己と世界の直接体験そのものに意識を合わせることもであります。
この時、呼吸以外のことに、身体的違和感を感じなくなり、かつ一切の雑念や想念が起きなくなるまで、ただひたすら呼吸に無心なることができれば、自己と世界の無境界的体験であるホロニカル体験を得やすくなります。 (定森恭司)