嗜癖

嗜癖とは、現実世界における心的痛み、葛藤、不安や恐怖を何らかの理由で直視できないために、何かに没頭することで現実の苦悩から身を守ろうとする行動ともいえます。 (定森 恭司)