外界を恐怖する人

 外界に恐怖ばかりを感じる人は、外界と触れあい経験をできるだけ回避するような生き方に自ずとなります。その結果、経験の幅が自ずととても狭くなってしまいます。
 外界に恐怖ばかり感じる人は、内界の恐怖感にもても過敏となります。その結果、いつも何かを過剰に警戒し、緊張の絶えない身構えになってしまいます。恐怖感を少しでももたらすものばかりに意識過剰となって、警戒し、恐怖感以外の感情や恐怖の対象以外の他の外界の対象には、ほとんど意識が向かわず視野狭窄的状態に陥ってしまいます。
 また外界に恐怖ばかりを感じる人は、内界と外界の切り離しを図ることがしばしばです。外界と内界ばかりではありません。自己と他己、自己と世界など、あらゆる「内」と「外」の切り離しを図るのです。しかし切り離しておきながら、まったく真逆の心理として、外界と内界、自己と他己、自己と世界の一体化への貪欲な願望を夢想し続けもします。
 通常、外的世界と内的世界は、誰にとっても不一致と一致をいつも繰り返しているものです。だから、両者の不一致が続いたとしても、あきらめず両者の一致点を模索しつづけるほかありません。それに、たとえ一致した瞬間があっても、すぐに再び不一致となるものです。大切なことは、一致・不一致を繰り返すうちに、「外的世界」と「内的世界」のほどよい交流が可能なるような生き方を身につけていくことにあるといえます。
 ところが、外界に恐怖ばかりを感じる人は、「外的世界」と「内的世界」の不一致の恐怖ばかりに“こころ”が全く奪われしまっているのです。そして、「内的世界」を守るために「外的世界」をできるだけ意識から遮断し、外界を回避し、内界にこもってしまうのです。しかしいくら外界の恐怖の対象を遮断したところで、すでに外的世界から内的世界に取りこまれてしまった恐怖は、ひたすら恐怖におののく生き方をもたらすだけになります。
 こうした人たちにとって大切なことは、恐怖以外の“こころ”の気持ちをできるだけ意識できるように支援することです。自力ではなかなかできないだけに、「こっちは?」「「あっちは?」「それ以外には?」「ほらそっちを見てごらん」「ほらこっちを見てごらん」と、恐怖ばかりにとらわれしまっている意識に変化をもたらす周囲の働きかけが大切となります。
 また恐怖におののき絶望的になりながらも、今日の今日まで、ともかくも生き延びてきたレジリエンス(抵抗力、回復力)を周囲の人が尊敬し畏怖することが、外界に恐怖する人たち自らがもっていた内的強さに目覚めるよき契機となります。