存在と意識の唯一性について

存在の唯一性と意識の唯一性は区別されなければならない。存在は唯一性を有するが、その存在を 対象として識別する意識は重々無尽にあり得りえます。しかし、意識が存在を対象とするのではなく、存在そのものと一体になる時に、初めて意識は唯一性を獲得することができます。 (定森恭司)