年の終わりに

年の終わりが近づくと、不思議なもので、今年あったいろいろなことが思い出されます。時の流れを感じることもなく、気ぜわしく日々過ごしてきてしまった1年。年の終わりに1回ぐらいはゆっくりかみしめることも必要かもしれません。静かに大晦日に除夜の鐘の音を家族そろって(日本中の多くの人といっしょに)きく瞬間が大好きです。

私にとって2011年はいろいろな意味で忘れられない年になるでしょう。
東北大震災の津波や火災をリアルタイムでテレビで見ていたということ。大変なことを、手の届かないもどかしさとともに、他人事として見てしまっていたことの罪悪感・・・ 
「科学的根拠」ということの「根拠」のなさ
不安があっても、誰かが何とかしてくれるという他人事感

自分のこととしてこの世にかかわっていくことの大切さを思い知らされた今年でした。

(定森 露子)