年度末近し

新しい年になったと思ったら、あっという間に、3月に入ってしまいました。
勤めていた頃は、1年は4月から始まり3月で終わるといったサイクルでした。「年度」単位での区切りで仕事が回っていて、長年所属していた「学校」もそうでしたから、「年度」で1年が過ぎるということに違和感はありませんでした。しかし、開業相談室になってからは、民間ですので、自由に1年を1月から12月というサイクルで考えてもいいのですが、まして会計は1月から12月で処理しますので。でもなぜか、年間スケジュール(予約表)は、4月から3月で立てています。関係する学校や公的機関の影響もありますが、身についた「1年サイクル」なんだろうと思います。恐るべし慣習。

 

私で言えば、1月よりも、4月のほうが、1年の始まり、さあ始まるぞ、始めよう感が大きい気がします。その反面、この3月はというと、あと少しで今年度も終わってしまう、あれやってない、やれてない、といった焦り感がでてきます。しかし、最近は焦りより、「こんなもんか」、「所詮出来ないことの方が多いんだから」なんて思ったりしています。いいだか、悪いだか、年取るとはこういうことなっでしょうか。
定森 露子