心理相談の創発性

治療や教育は真理をよく知る者とされる者が、知らざる者に対して教え導く行為になりがちです。しかも、あらかじめ定められた理性的で合理的に決められているひとつの結論に導かれていきます。

それに対してホロニカル・セラピーのような心理相談では、個人内の意識の中ではなく、実際の生活世界を生き抜くにあたっての多様多彩な意見との対話を通じて、いまだ未完結で未決定な新しい道を発見・創造していく展開となっていきます。 (定森恭司)