心的葛藤とは

内的現実主体の抱く、イメージ、欲求、要求、感情など非言語的な何かが、外我にとってあまりに受け入れ難い時には、外我は内的現実主体に対して受け入れがたい内的現実主体の直接体験の一部に対して防衛的になります。その結果、内的現実主体は、コンプレックスを抱え込むことになります。コンプレックスは、外我が内我に対して行う衛機制である、抑圧、切り離し、否認、反動形成、合理化、投影、分裂・排除によって形成されます。

外我と内我の不一致がコンプレックスをつくりだし心的葛藤となるのです。しかもこの時、心的葛藤自体が否認されると身体的症状にも転換されることもあります。

外我と内我が不一致となると、精神分析や分析心理学では、内的現実主体の抱くコンプレックスの外我への意識化を重視します。しかし、HTでは、意識化そのものよりも、外我と内我の不一致そのものを新たな適切な観察主体から俯瞰することによって、外我と内我のできるだけ一致する方向の模索の方を重視します。外我と内我が一致する方向への早道と思われるならば、場合によっては、コンプレックスそのものを不問に伏すことすらあります。意識化以上に外我と内我の一致を優先するといえます。       (定森恭司)