忘れられる「場」

現代人は、あたかも自分の意思で生きていると錯覚しているところがある。

しかし、ほんのちょっとだけ注意深くなって周囲を見渡せば、すぐに了解できることであるが、人の周りには必ず世界がある。一瞬一瞬のうちに生成消滅を繰り返している万物が織りなす世界があるのだ。こうした万物が変化する世界のなかに人は生きているのだ。

あまりに当たり前すぎることなのであるが、変容する場を離れては人は生きてはいられない。人は、場に影響を受け、場に影響を与えて存在しているのだ。人と世界が相互に影響しあって存在していることが、生きることにほかならない。

ところが、これだけ大切な「場」でありながら、人はすぐに「場」を忘却してしまう。場がつくりだしている「音」「匂い」「温度」「風の流れ」「明るさ」などをすべて忘れ、あたかも自分の意思だけで生きていると思い込んでしまうのだ。しかし、そうした生き方では、世界からの孤立感ばかりが増大し、孤独の存在への不安から永遠に救われることはないだろう。逆に、場との密接なつながりを再確認できるならば、孤立感から救われる可能性がそのたびに広がることになるだろう。     (定森 恭司)