悩ましきこころ

心的症状や心的問題などの苦悩をつくりだすのが、「こころ」とすると、その苦悩の問題解決を図るのも「こころ」です。

しかし、問題解決を促進するためには、ちょっとしたポイントがあります。それは、今、苦悩の解決を図ろうとして努力していることが効果を示す限りは、そのまま今の努力を続ければいいのですが、もし、問題解決につながっていなかったり、逆に苦悩を拡大させているならば、今、よかれと思ってやっていることを止めるか、もっと別の問題解決に視点を切り変えてみることです。ごく簡単な原理ですが、とても有効な方法です。

視点の切り替えがポイントなのです。

切り替えると有効な視点とは、こころが、あることへのこだわりから離れて、自由無礙になればなるほど、無限にあるものなのです。       定森恭司