新たな世間

現代社会は、人と人、人と自然、人と世界との関係が、疎隔化し、異質化し、ますます断絶的なものになっているように思われます。また価値の多様化や機能的社会の増長は、理性や知性でもって物事を分析し分類化する思考優位型の社会をもたらします。しかし、そうした思考作業を各自独自の物差しや自己基準で分析や分類を行うため、お互いの共通性をかえってみつけにくくなっています。こうしてお互いの語りは、一層、差異性、異質性が目立つことになり、共通性を見出しにくくなってきています。人と人は、言葉でいくら話し合っても、こころの奥のどこかや身体感覚的に違和感がつきまとってきます。違和感は、つながり感の喪失をもたらします。つながり感の喪失は、孤立感、不安感、疲労感をあおることになります。同じ世界内存在として生きている者同士でありながら、安心感や信頼感ももちにくくなってきてしまうのです。

人と人、人と自然、人と世界のつながりは、いくら知的に理解しようとしても、生身の自分(身体的自己)が、実感しないことには意味をもちません。自己の身体感覚の直接体験として、人、自然や世界とのつながりをふれていると実感する体験世界の話なのです。

昔は、村に時を告げる寺の鐘の音に、村人は一瞬のうちに同じ共通体験の時空間を共有していたと思われます。運命共同体的生活の場が、人々に「同じ世間」をもたらしていたのです。日頃から、「鐘の音」を共有するような生活感覚が、人と人の間の根底にあって、人と人、人と自然、人と世界をしっかりとつないでいたのです。

 

しかし、今や、運命共同体的生活社会は、基盤から変容してきています。こうした社会変容の中で、人はどのようにして、つながりを希求しようとするのか、誰もが気がかりなってきているのです。
ツイッターに夢中になり出した人の話を聴いていますと、ブログやメールなどでは、表現した書き言葉が、実際にどのように受け取られるか、とても神経をつかわざるを得ないけど、たった140文字の呟き的のツイッターは、即レス、即時性において、井戸端会議的な一種の気分の共有ができて、とても楽だと語る人がいます。深い話では、かえって、人とのつながりが持ちにくくなった時代の変化の中で、たわいのないできごとならば、誰かと無性に語り合いたくなってきているのかも知れません。ふと、周囲を見渡した時、隣近所の世間の人のいない暮らしになりつつある現代人にとっては、すぐに応答してくるツイッターの世界こそ、「新しい世間」なのかも知れません。  (定森恭司)