新緑になる前

4月から5月にかけての、近隣の山の広葉樹のふわふわと優しい感じがとても好き。ところどころ白やピンクの山桜も咲いていたりもして、まばゆい新緑になる前のほんの短い時期の楽しみです。木々はこうして新しい年を迎え、秋になると葉を落とし1年を終える。 考えてみたら、どうして木々は毎年毎年、新しい葉を出すのだろう?どうせ秋には落としてしまうのに。どうしてこんな面倒なことを繰り返しているんだろう。何故かは木にきいてみればいいのだろうけど、それはならず。よく分からないが、何回も何回も何回も同じことを繰り返しているかのようにみえて、実は少しずつ変化していってて、その土地の気候や空気にあわせていってるのかなあと思ったりもする。気候や空気も年々変化していってるだろうから。

何事もずっと「変わらず」はないのかも。

(定森 露子)