楓の葉

今年は、紅葉がことのほか色づきがよいとか。
紅葉の名所、足助の香嵐渓にいってきました。足助は母の育ったところでもあって、何度も行っていますが、渋滞がいやで、紅葉の時期だけは避けてきました。が、こんなにきれいなのは20年ぶりとかニュースで言ってて、じゃあ「次」はないかもしれないと思い行ってきました。

霞のような雨の中の紅葉はとてもきれいでした。欲得考えずに一本一本この楓を植えた昔の人たちに感謝、感謝だなあと上を見ながら歩き、時には、足下の落ち葉の美しさに見とれ立ち止まり・・・・

落ち葉をよく見ると、「形・大きさ・色の種類とグラデーション・虫食いの状況」など一枚一枚、全部違っているのにびっくり。香嵐渓の中の葉っぱの数はどれくらいあるんだろう・・・香嵐渓の中にいる人間とは比較にならないほどの数の多さ。それが全部個性がある・・・<自然>はすごいと今更ですが、思いしらされました。「人間の個性」は数からいったら「楓の葉っぱの個性」に負けている。  (定森 露子)