無力から抜け出させるもの

自分だけの力では、どうすることもできないという無力感から人を抜け出させるものとは、その人自身の諦めない気持ち以上に、絶望の淵にあっても必死に生きる人々を尊び、その価値を理解する人々の存在ではないでしょうか。

そうした傷つく人を畏怖(いふ)する社会がある限り、誰もが、たとえ自分がいつか絶望の淵にたされても、きっと何かを支えに生きていくことができるという確信を得ることができるように思います。