瞬間について

「時間」について、ちょっと考えてみると、実に面白いことに気づきます。

「今実際にある時間」 とは「瞬間」しかないという事実です。どこにも「さっき」はなく、「これから先」もないのです。あるのは、「瞬間」だけという事実です。しかも、その瞬間・瞬間がまったく同じということはありません。瞬間・瞬間がまったく同じということは死んでいることにほかなりません。生きている人にとって、瞬間とは、刻々と変化していることといえます。

瞬間は、瞬間にして二度と取り返すことのできない過去となり、また、瞬間は、次の瞬間何が起きるか正確には誰も予測することもできない未来としてあるといえます。まさに、瞬間・瞬間に過去が含まれ未来が開かれるといえます。                                                                                            ( 定森恭司)