知性的なものと感性的なもの

物事についての知的な理解というものは、思考の作用によって観察対象について分析・識別し、合理的に整理することへの関心といえます。そのため知的理解では、観察対象に対して観察するものが抱いている非言語的な感性的感覚のようなものに対する関心が欠落気味になります。

しかし知的理解というものは、非言語的なまだ意識化される前の体験を、言語に基づく思考によって分析・識別し、整理する行為といえます。脳の高次機能の働きによると思われます。しかし、言語の前の非言語的な体験は、世界に関係なく脳が勝手に創りだいているわけでありません。世界に関係なく、脳が世界のイメージを創りだしていては、自明性を失った幻覚となります。

脳は観察対象を分別する前に、自己が世界と触れあいに共鳴的に反応しているのです。脳は感性的に動かされているのです。

脳は、非言語的な感性的なものにまずは反応し、それを瞬時に育った文化がもつ言語によって情報を分析し識別し整理して、現象世界を再構成していると思われます。

知性的なものの前には、必ず感性的なものがあるのです。 (定森恭司)