答えの見つけ方


人間は複雑な存在です。

それだけに人間の抱える苦悩に対して、こうすればより生きやすくなるというような、あらかじめ定められた正答などないと思われます。

しかしながら、次のことだけは明言できます。「より生きやすくなるような道は、その都度、その都度、必ず発見・創造されてくる」ということです。

ときどき人生の指南書がベストセラーになりますが、ある単一の理論だけでもって、すべての問題を解決することには無理があります。もともと、ある理論というものは、その理論が当てはまらない現象については、ノイズのようにして、あらかじめ除外することから成り立っています。そのため、指南書を上手に活用する人は、指南書では当てはまらない現象については、もっと別の手がかりをごく自然に模索しているものです。むしろいつまでもある理論にこだわる生き方は、そのうち生きづらくなってしまうものなのです。

それだけに、私たちはみんな、より価値のある解決策を、共に発見・創造するような場を求めているのです。心理相談に長くたずさわってきて、つくづくそんなことを思う今日この頃です。

(定森 恭司)