自己と現実主体

自己は、私自身、己(おのれ)、自分、大きな私などいろいろな呼び方をされます。

ホロニカル心理学でいう現実主体も、私、我、自我、小さな言い表され方をされているものに相当します。

自己と現実主体の次のような差異は念頭においておくと良さそうです。

自己は現実主体と比較して、より潜在的で、より広く、より大きく、しかも多様性をもっているけれど、現実主体は、より顕在的で、より狭く、より小さく、しかも一点集中的であろうとすることです。

こうした差異があるため、自己との対話なき現実主体の自己決定は自意識過剰の独占的決定になりがちですが、自己の直接体験との自己照合に裏づけられた自己決定は、より場の現実に即したものになる可能性が広がるといえます。

自己と現実主体の対話が大切なのです。

この時、世界とは関係なく存在する自己の底を現実主体がいくら追い求めても、無限の暗闇世界に落ち込んでいくだけです。しかし自己の底に世界と触れあっている直接体験を直覚することができるならば、そこに人生の道を発見・創造することが可能になります。
(定森恭司)