駐車場が新しくなりました

00220041

0051 5月の連休を利用して(4/21~5/8)、駐車場を改修しました。それまでの駐車場は「木れんが」を敷いたもので、自然な柔らかい雰囲気が大好きでしたが、耐用年数は10年と言われていて、そのとおりに10年位経つと、れんがの端が雨や車の重みで崩れてきたりして、ちょっと荒れた感じになってしまっていました。

造るのに時間がかかるが、美しく、ながくもつ
 木れんが駐車場を設計してくれた設計事務所に、前と同じでとお願いしたところ、施行業者は「丁寧だが時間がかかるところ」がいいか「早いところ」いいか尋ねられたので、「丁寧」なところでとお願いしました。その「丁寧だが時間がかかる」社長さんというのは、実は「左官やさん」で(昔は大工さん、左官屋さんといった人が身近にいました)、高い技術と誇りと伝統技術の存続に熱意ををもってみえる方でした。伝統的な方法だけでなく、新しいものも常に研究されている方です。よいものを作ろうとすれば時間とお金がかかる、早く安く作ろうとすればできるが美しくないし長く持たない、と言うはっきりとした考えをもっている方。そんな話をきくとぜひ左官の技術をいかした工法でお願いしたくなり、「木れんが」から「洗い出し」工法で駐車場を作り直してもらうことにしました。

洗い出し
  「洗い出し」とは日本に古来からある伝統左官工法の一つで、セメントを敷いた上に種石をまき、その上にまたセメントをこてでおいていく。セメントが硬化しきらない時に表面のセメントを水で洗い流し種石を表面に浮き出させるというもの。日本庭園や寺院などでよく見られます。種石の大きさや色調などで、様々な表情が見られます。

波のような駐車場
 駐車場は曲線と色のグラデーションで変化を持たせました。波のようにも、山々のようにもいろんな見え方がします。晴れた時と雨に濡れた時もまた違っていて、見あきない駐車場です。貝殻が小石に混じっているのを雀がつつきに来たり、錆がでている石(?)もあります。自然の石は二つと同じ色・形がなく、一つ一つみていてもおもしろいです。

 久しぶりに来られた方は雰囲気が変わってびっくりされたと思います。もっと早くお知らせしておけばよかったとおもっています。

  設計  TAS建築設計事務所   http://www9.ocn.ne.jp/~tas/
    施行 (株)岡田建工http://okadakenkou.ninja-web.net/index.htm
                                  http://kino-ie.net/interview_131.html 

                                           定森露子