お知らせ

ホロニカル心理学に基づく心理・社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

今回の自動配信は、次の5編です。詳しくは、ブログをご覧ください。自動配信以外にも、ホロニカル・マガジンには、随時、いろいろアップしています。「検索」機能、「最近の投稿」「カテゴリー」「アーカイブ」の機能を使いながらホロニカルな世界をお楽しみください。

「画一化と多様化」:共生のための論理は、普遍的一元尺度を異なる価値尺度と考えられます。
「重々無尽の編み目の世界」:人は重々無尽の編み目の世界に生きています。
「絶対無(空)」:絶対有を重視する西洋に対して、東洋は「絶対無(空)」を重視します。
「ホロニカルな世界」:ホロニカル論の論理は、東洋のテトラ・レンマの論理と相似的です。
「ホロニカル心理学の統合性」:個的存在面と自己超越的存在面とを統合する方向に新しい心理学を再構築しています。

 http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/ をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと、「マガジンをメールで購読」とありますので、「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能です。

※対人援助職にある専門家に対するスーパービジョンや教育的自己分析をご希望の方は、「お問い合わせ・ご予約フォーム(http://kokoro.racoo.co.jp/yoyaku)または、お電話(052-852-8381)にて、お問い合わせください。スーパービジョン及び教育的自己分析の方法は、「ホロニカル・アプローチ」及び「ホロニカル心理学」によります。「ホロニカル・アプローチ」及び「ホロニカル心理学」は、“こころ”の内的世界及び外的世界を共に扱う心理社会的支援法の統合的アプローチの立場です。

http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/

お知らせ

ホロニカル心理学に基づく心理・社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

今回の自動配信は、次の5編です。詳しくは、ブログをご覧ください。自動配信以外にも、ホロニカル・マガジンには、随時、いろいろアップしています。「検索」機能、「最近の投稿」「カテゴリー」「アーカイブ」の機能を使いながらホロニカルな世界をお楽しみください。

「支援関係とは」:これまでの支援関係を超えて、誰しもが共により生きやすい人生の道を発見・創造することが求められる時代に入ったと思われます。
「頑固な生きづらさへの対応」:頑固な問題には、ノウハウを共有するネットワークが大切となります。
「心理社会的刺激と神経生理学的反応」:二元論的パラダイムから抜け出ることが大切です。
「実在とは」:実在するものに関するホロニカル論的考察です。
「自己の存在」:自己は、生成消滅を繰り返している動的プロセスといえます。

 http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/ をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと、「マガジンをメールで購読」とありますので、「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能です。

※対人援助職にある専門家に対するスーパービジョンや教育的自己分析をご希望の方は、「お問い合わせ・ご予約フォーム(http://kokoro.racoo.co.jp/yoyaku)または、お電話(052-852-8381)にて、お問い合わせください。スーパービジョン及び教育的自己分析の方法は、「ホロニカル・アプローチ」及び「ホロニカル心理学」によります。「ホロニカル・アプローチ」及び「ホロニカル心理学」は、“こころ”の内的世界及び外的世界を共に扱う心理社会的支援法の統合的アプローチの立場です。

http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/

お知らせ

ホロニカル心理学に基づく心理・社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

今回の自動配信は、次の5編です。詳しくは、ブログをご覧ください。自動配信以外にも、ホロニカル・マガジンには、随時、いろいろアップしています。「検索」「最近の投稿」「カテゴリー」「アーカイブ」の機能を使いながらホロニカルな世界をお楽しみください。

「差異の明確化」:差異の明確化の作業によって、被支援者自身が自らの変容プロセスを実感・自覚することがより可能になります。
「いじめ・いじめられ」:いじめ・いじめられ対策では、犯人の特定以上に悪循環連鎖の断ち切りを可能とするような智慧の探求が必要なのではないでしょうか。
「場所のもつ時(とき)」:場所的自己は、本来、場所の持つ時(とき)を実感しています。
「能動的想像法(賢者との対話)」:“こころ”の中の賢者との対話が有効なときがあります。
「心理主義の影」:カウンセリングマインドには影の問題があるのではないでしょうか。

 http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/ をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと、「マガジンをメールで購読」とありますので、「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能です。

※対人援助職にある専門家に対するスーパービジョンや教育的自己分析をご希望の方は、「お問い合わせ・ご予約フォーム(http://kokoro.racoo.co.jp/yoyaku)または、お電話(052-852-8381)にて、お問い合わせください。スーパービジョン及び教育的自己分析の方法は、「ホロニカル・アプローチ」及び「ホロニカル心理学」によります。「ホロニカル・アプローチ」及び「ホロニカル心理学」は、“こころ”の内的世界及び外的世界を共に扱う心理社会的支援法の統合的アプローチの立場です。

http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/

お知らせ

ホロニカル心理学に基づく心理・社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

今回の自動配信は、次の5編です。詳しくは、ブログをご覧ください。自動配信以外にも、ホロニカル・マガジンには、随時、いろいろアップしています。「検索」機能を使いながらホロニカルな世界をお楽しみください。

「不一致を楽しむ力を養うこと」:価値の多様化・多元化が進む不確実な社会に生きるためには、他者との不一致とどう向き合うかがポイントになるように思われます。
「一般化せず個別ごとに丁寧に扱う」:心理社会的支援においては、個別ごとに問題解決の道を発見・創造する姿勢が大切になると考えます。
「個の中の集団、集団の中の個」:個の中には集団の問題が包摂され、集団には個の問題が包摂されていると考えられます。
「心的危機」:自己にとって異文化との接触は、新しい自己の創発の契機となります。
「光と闇」:闇があるから光があり、光があるから闇があると思われます。

 http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/ をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと、「マガジンをメールで購読」とありますので、「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能です。

※対人援助職にある専門家に対するスーパービジョンや教育的自己分析をご希望の方は、「お問い合わせ・ご予約フォーム(http://kokoro.racoo.co.jp/yoyaku)または、お電話(052-852-8381)にて、お問い合わせください。スーパービジョン及び教育的自己分析の方法は、「ホロニカル・アプローチ」及び「ホロニカル心理学」によります。「ホロニカル・アプローチ」及び「ホロニカル心理学」は、“こころ”の内的世界及び外的世界を共に扱う心理社会的支援法の統合的アプローチの立場です。

お知らせ

ホロニカル心理学に基づく心理・社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

今回の自動配信は、次の5編です。詳しくは、ブログをご覧ください。自動配信以外にも、ホロニカル・マガジンには、随時、いろいろアップしています。「検索」機能を使いながらホロニカルな世界をお楽しみください。

「永遠の理想と現実」:理想と現実の不一致にあって、自己は自己と世界の一致を求めて生きようとします。
「学問と宗教の差異」:ホロニカル心理学は、「IT(それ)」について語りますが、宗教ではありません。
「頑固な心的問題(症状)」:自己と世界の不一致の累積が頑固な心的問題を形成していきます。
「一瞬・一瞬から何をどのように取り出すのか」:場において、重々無尽にわたる一切合切の生成消滅が展開しています。
「ホロニカル体験(8)」:自己と世界の一致のホロニカル体験は、無の意識によって実感されます。

 http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/ をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと、「マガジンをメールで購読」とありますので、「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能です。

※対人援助職にある専門家に対するスーパービジョンや教育的自己分析をご希望の方は、「お問い合わせ・ご予約フォーム(http://kokoro.racoo.co.jp/yoyaku)または、お電話(052-852-8381)にて、お問い合わせください。スーパービジョン及び教育的自己分析の方法は、「ホロニカル・アプローチ」及び「ホロニカル心理学」によります。「ホロニカル・アプローチ」及び「ホロニカル心理学」は、“こころ”の内的世界及び外的世界を共に扱う心理社会的支援法の統合的アプローチの立場です。

http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/

お知らせ

ホロニカル心理学に基づく心理・社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

今回の自動配信は、次の5編です。詳しくは、ブログをご覧ください。自動配信以外にも、ホロニカル・マガジンには、随時、いろいろアップしています。「検索」機能を使いながらホロニカルな世界をお楽しみください。

「共時的現象」:ホロニカル心理学の「自己意識の発達」の第6段階の現象についての論考です。
「一瞬・一瞬」:一瞬・一瞬に、混沌化と統合化の一切合切が収斂し、さまざまな自己組織化現象が起きると考えられます。
「個性化」:共創的作業の中で、お互いの中に自ずと育まれてくるものが個性と考えられます。
「ただ観察」(3)」:トラウマ体験に随伴する身体感覚に対しては、「ただ観察」が有効です。
「場所的自己(11)」:我は、場所的に生成される自己をありのままに自己表現しない限り、場所的自己と常に不一致の関係に陥ることになります。

 http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/ をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと、「マガジンをメールで購読」とありますので、「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能です。

※対人援助職にある専門家に対するスーパービジョンや教育的自己分析をご希望の方は、「お問い合わせ・ご予約フォーム(http://kokoro.racoo.co.jp/yoyaku)または、お電話(052-852-8381)にて、お問い合わせください。スーパービジョン及び教育的自己分析の方法は、「ホロニカル・アプローチ」及び「ホロニカル心理学」によります。「ホロニカル・アプローチ」及び「ホロニカル心理学」は、“こころ”の内的世界及び外的世界を共に扱う心理社会的支援法の統合的アプローチの立場です。

http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/

お知らせ

ホロニカル心理学に基づく心理・社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

今回の自動配信は、次の5編です。詳しくは、ブログをご覧ください。自動配信以外にも、ホロニカル・マガジンには、随時、いろいろアップしています。「検索」機能を使いながらホロニカルな世界をお楽しみください。

「客観的な観察とは」:客観的に実在するものは、観察主体が観察対象を観察する方向ではなく、観察主体と観察対象が合一する方向に実感・自覚されるものとしてあるのではないでしょうか。
「絶対矛盾的自己同一」:時間と空間は、時間即空間・空間即時間という絶対矛盾的自己同一にあると思われます。
「欲動」:ホロニカル心理学の欲動論です。
「ABCモデル(2)」:ホロニカル・アプローチの基本モデルがABCモデルです。
「みんなの中で、ひとりでいられる力」:価値の多元化・多様化社会にあって、新しい生き方をする人たちが登場しています。

 http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/ をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと、「マガジンをメールで購読」とありますので、「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能です。

※対人援助職にある専門家に対するスーパービジョンや教育的自己分析をご希望の方は、「お問い合わせ・ご予約フォーム(http://kokoro.racoo.co.jp/yoyaku)または、お電話(052-852-8381)にて、お問い合わせください。スーパービジョン及び教育的自己分析の方法は、「ホロニカル・アプローチ」及び「ホロニカル心理学」によります。「ホロニカル・アプローチ」及び「ホロニカル心理学」は、“こころ”の内的世界及び外的世界を共に扱う心理社会的支援法の統合的アプローチの立場です。

http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/

お知らせ

ホロニカル心理学に基づく心理・社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

今回の自動配信は、次の5編です。詳しくは、ブログをご覧ください。自動配信以外にも、ホロニカル・マガジンには、随時、いろいろアップしています。「検索」機能を使いながらホロニカルな世界をお楽しみください。

「集団と目標」:集団がある目標を設定するとき、2つの方法についての考察です。
「場所的自己と現実主体の不一致・一致」:場所的自己との対話なき現実主体優位な生き方は、生命の危機や苦悩の源泉となると考えられます。
「場への呼応としての直接体験」:場に呼応するのは、我(現実主体)ではなく自己と考えられます。
「思い」:思いが深すぎると、自己と他者の境界を失ってしまうものです。
「生きた自然」:生きた自然は自己創出的です。

 http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/ をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと、「マガジンをメールで購読」とありますので、「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能です。

※対人援助職にある専門家に対するスーパービジョンや教育的自己分析をご希望の方は、「お問い合わせ・ご予約フォーム(http://kokoro.racoo.co.jp/yoyaku)または、お電話(052-852-8381)にて、お問い合わせください。スーパービジョン及び教育的自己分析の方法は、「ホロニカル・アプローチ」及び「ホロニカル心理学」によります。「ホロニカル・アプローチ」及び「ホロニカル心理学」は、“こころ”の内的世界及び外的世界を共に扱う心理社会的支援法の統合的アプローチの立場です。

http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/

お知らせ

ホロニカル心理学に基づく心理・社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

今回の自動配信は、次の5編です。詳しくは、ブログをご覧ください。自動配信以外にも、ホロニカル・マガジンには、随時、いろいろアップしています。「検索」機能を使いながらホロニカルな世界をお楽しみください。

「『IT(それ)』と『直接体験』」:究極的な観察主体とは、「それがそれ自身を観察するもの」と考えられます。
「場所的自己(10)」:自己と場所の関係の考察です。
「極限の探求」:何かを極めようとする作業は、自分の“こころ”の極限と向き合う作業にならざるを得ないのではないでしょうか。
「手の出ない人」:苛酷な環境に育った人の中に、自然に「手が出ない人」がいます。
「夢の世界」:夜見る夢には、多層多次元な“こころ”が包摂され象徴されています。

 http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/ をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと、「マガジンをメールで購読」とありますので、「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能です。

※対人援助職にある専門家に対するスーパービジョンや教育的自己分析をご希望の方は、「お問い合わせ・ご予約フォーム(http://kokoro.racoo.co.jp/yoyaku)または、お電話(052-852-8381)にて、お問い合わせください。スーパービジョン及び教育的自己分析の方法は、「ホロニカル・アプローチ」及び「ホロニカル心理学」によります。「ホロニカル・アプローチ」及び「ホロニカル心理学」は、“こころ”の内的世界及び外的世界を共に扱う心理社会的支援法の統合的アプローチの立場です。

http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/

お知らせ

ホロニカル心理学に基づく心理・社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

今回の自動配信は、次の5編です。詳しくは、ブログをご覧ください。自動配信以外にも、ホロニカル・マガジンには、随時、いろいろアップしています。「検索」機能を使いながらホロニカルな世界をお楽しみください。

「創造的自己」:自己は局在性と非局在性を有する存在と思われます。
「統合的アプローチの有効性」:複雑で多様化する心理社会的問題に対する統合的アプローチの必要性を実感・自覚する人が増えています。
「資格の死角」:心理社会的支援に関する資格制度の充実化には影の側面があります。
「『統合』という概念をめぐって」:自然のはからいを超えた統合化には限界があります。
「“量子の振る舞い”と“こころ”」:“量子の振る舞い”と“こころ”の振る舞いには、相似的な側面を感じるのは私だけでしょうか。

 http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/ をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと、「マガジンをメールで購読」とありますので、「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能です。

※対人援助職にある専門家に対するスーパービジョンや教育的自己分析をご希望の方は、「お問い合わせ・ご予約フォーム(http://kokoro.racoo.co.jp/yoyaku)または、お電話(052-852-8381)にて、お問い合わせください。スーパービジョン及び教育的自己分析の方法は、「ホロニカル・アプローチ」及び「ホロニカル心理学」によります。「ホロニカル・アプローチ」及び「ホロニカル心理学」は、“こころ”の内的世界及び外的世界を共に扱う心理社会的支援法の統合的アプローチの立場です。

http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/