ホロニカル心理学は、心的症状や心的問題などの生きづらさを抱える人たちへの心的支援としてホロニカル・アプローチを研究していく中で、これまでの心理学概念のパラダイムから新しいパラダイムへのシフトへの必要性から自然に形成されてきました。

 ここでは、ホロニカル心理学やホロニカル・アプローチで用いられる主要概念について説明します。

※詳しくは、心理相談室こころ室長 定森恭司著書の「ホロニカル・セラピー:内的世界と外的世界を共に扱う総合的アプローチ)」(遠見書房、2015)を参照ください。

ホロニカル心理学で用いられる重要概念

1.こころの仕組みを理解する時
に用いられる主な概念
※ホロにかる心理学の心的構造論にあたます。

2.こころのあらわれ方を理解する時
に用いられる主な概念
※ホロニカル心理学の心的現象論にあたります。

3.発達の理解のための概念
※ホロニカル心理学の発達論にあたります。

4.ホロニカル・アプローチで活用される主な概念
※ホロニカル心理学の実戦論にあたります。

チャンネル

ホロニカル・アプローチでは自己と世界とのふれ合いの直接体験を意識化する時の主要経路をチャンネルと呼びます。視覚チャンネル、聴覚チャンネル、言語チャンネル、動作チャンネル、身体チャンネル、固有感覚チャンネル等々がチャンネルとなります。

例えば、見る/見えてくる、聞く/聞こえてくる、動く/動かされるなど、チャンネルによっては、観察主体と観察対象をめぐって、意識化のプロセスに違いがあります。このことは、ホロニカル・アプローチでは、外我が優位な時と内我が優位な時の差として捉えていきます。

人には、優性なチャンネルと劣性のチャンネルがあります。
したがって、ホロニカル・アプローチでは、さまざまなチャンネルを活用して直接体験を実感・自覚できるようにサポートします。

いろいろなチャンネルを通じるほど、直接体験は深化していくといえます。

※詳しくは、心理相談室こころ室長 定森恭司著の「ホロニカル・セラピー:内的世界と外的世界を共に扱う総合的アプローチ」(遠見書房,2015)、または、定森恭司・定森露子共著の「ホロニカル・アプローチ:統合的アプローチによる心理・社会的支援」(遠見書房,2019)を参照ください。