ホロニカル心理学は、心的症状や心的問題などの生きづらさを抱える人たちへの心的支援としてホロニカル・セラピーを研究していく中で、これまでの心理学概念のパラダイムから新しいパラダイムへのシフトへの必要性から自然に形成されてきました。

 ここでは、ホロニカル心理学やホロニカル・セラピーで用いられる主要概念について説明します。

※詳しくは、心理相談室こころ室長 定森恭司著書の「ホロニカル・セラピー:内的世界と外的世界を共に扱う総合的アプローチ)」(遠見書房、2015)を参照ください。

ホロニカル心理学で用いられる重要概念

1.こころの仕組みを理解する時
に用いられる主な概念
※ホロにかる心理学の心的構造論にあたます。

2.こころのあらわれ方を理解する時
に用いられる主な概念
※ホロニカル心理学の心的現象論にあたります。

3.こころの発達を理解する時
に用いられる主な概念
※ホロニカル心理学の発達論にあたります。

4.ホロニカル・セラピーで活用される主な概念
※ホロニカル心理学の発達論にあたります。

エネルギー

世界に対して、自己は生(創造)と死(破壊)がせめぎあって存在しています。
創造的世界の化身ともいえる世界から創造された自己は、世界に働きかけ、新たな世界を創造しながらも、世界によって容赦なく死をいつも迫られている存在なのです。

自己が内包する創造的エネルギーは、安定した原子核が莫大なエネルギーを内包しているようなものです。原子、分子、細胞などが、物理・生物学的レベルに応じた安定した物質による多重多層な構造を創りあげているように、自己という高次のレベルでも自己は心的エネルギーに応じて、より安定した秩序構造を求めて自己組織化しています。

自己は、生命力、衝動、攻撃性、本能、性欲、情動、感情などの意味を含む力動的なエネルギーをもっています。力動心理学的観点からは、「リビドー」といわれるものに相当します。

自己は、世界からエネルギーの供給を受け、新たな自己と世界をつくりあげながらエネルギーを消耗させます。

自己にとって世界とのエネルギーの交換停止や、自己と世界のエネルギーの平衡化となることによって、自らを産んだ創造的世界のエネルギーとなって包摂されることが自己の死といえます。

※詳しくは、心理相談室こころ室長 定森恭司著書の「ホロニカル・セラピー:内 的世界と外的世界を共に扱う総合的アプローチ)」(遠見書房、2015)を参照ください。