ホロニカル心理学は、心的症状や心的問題などの生きづらさを抱える人たちへの心的支援としてホロニカル・アプローチを研究していく中で、これまでの心理学概念のパラダイムから新しいパラダイムへのシフトへの必要性から自然に形成されてきました。

 ここでは、ホロニカル心理学やホロニカル・アプローチで用いられる主要概念について説明します。

※詳しくは、心理相談室こころ室長 定森恭司著書の「ホロニカル・セラピー:内的世界と外的世界を共に扱う総合的アプローチ)」(遠見書房、2015)を参照ください。

ホロニカル心理学で用いられる重要概念

1.こころの仕組みを理解する時
に用いられる主な概念
※ホロにかる心理学の心的構造論にあたます。

2.こころのあらわれ方を理解する時
に用いられる主な概念
※ホロニカル心理学の心的現象論にあたります。

3.こころの発達を理解する時
に用いられる主な概念
※ホロニカル心理学の発達論にあたります。

4.ホロニカル・アプローチで活用される主な概念
※ホロニカル心理学の発達論にあたります。

共感

「共感」とは、カウンセラー側にクライエントに対して共鳴的反射と鏡映的反射が同時に生じてくる現象です。しかし共感は、カウンセラーがクライエントに対して、共感しようとしてできるものではありません。

共感とは、クライエントの直接体験とカウンセラーの直接体験が一となるような関係になったときに、自ずと場から創発されてくるようなものといえます。

「共感」は、「するものではなく」、「生まれるもの」といえます。

ホロニカル・アプローチでは、クライエントとカウンセラーの共感的一致と共感不全の不一致を共に丁寧に扱います。決して共感的一致だけを心理相談に求めるものではありません。

クライエントとカウンセラー関係が、一瞬一瞬で共感的関係と共感不全関係になると
いう現実体験を通じて、まさに自己は、両体験のズレと一致のせめぎ合いの中に自己と世界の一致を求めて自己組織化が生起するのです。

href=”http://kokoro.racoo.co.jp/blog/%e5%87%ba%e7%89%88%e7%89%a9.php”>心理相談室こころ室長 定森恭司著書の「ホロニカル・セラピー:内的世界と外的世界を共に扱う総合的アプローチ」(遠見書房,2015)、または、定森恭司・定森露子共著の「ホロニカル・アプローチ:統合的アプローチによる心理・社会的支援」(遠見書房,2019)を参照ください。