ホロニカル心理学は、心的症状や心的問題などの生きづらさを抱える人たちへの心的支援としてホロニカル・セラピーを研究していく中で、これまでの心理学概念のパラダイムから新しいパラダイムへのシフトへの必要性から自然に形成されてきました。

 ここでは、ホロニカル心理学やホロニカル・セラピーで用いられる主要概念について説明します。

※詳しくは、心理相談室こころ室長 定森恭司著書の「ホロニカル・セラピー:内的世界と外的世界を共に扱う総合的アプローチ)」(遠見書房、2015)を参照ください。

ホロニカル心理学で用いられる重要概念

1.こころの仕組みを理解する時
に用いられる主な概念
※ホロにかる心理学の心的構造論にあたます。

2.こころのあらわれ方を理解する時
に用いられる主な概念
※ホロニカル心理学の心的現象論にあたります。

3.こころの発達を理解する時
に用いられる主な概念
※ホロニカル心理学の発達論にあたります。

4.ホロニカル・セラピーで活用される主な概念
※ホロニカル心理学の発達論にあたります。

絶対矛盾的自己同一性

「絶対矛盾的自己同一」は、日本の哲学者である西田幾多郎の概念です。
一見、対立して相容れないものが、見方を変えると同じものであるという意味です。 西田は、「現在」や「世界」が、絶対矛盾的自己同一そのものと考えます。

ホロニカル心理学でも、自己と世界も絶対矛盾的自己同一にあると考えます。自己と世世界の両者が、直接体験において、相矛盾し対立しながら同一にあるわけです。

自己と世界の一致・不一致の直接体験が、「生きている今・現在」という感覚をもたらします。「今・現在」とは、「過去と未来を含む今の直接体験」のことです。

直接体験の直覚そのものから離れた途端、自己と世界の関係は、観察主体としての自己と観察対象としての世界に別れてしまいます。元来同根同一だった自己と世界の関係が、自己と非自己化された世界に分断され、不一致となってしまうわけです。直接体験レベルでは、自己と世界が矛盾しながらも同一であったものが、直接体験では、一だったものが、忽然と、対立・矛盾しあいながら存在する多の世界に変化してしまうわけです。
「一即多」と華厳教などで表現される現象です。

自己と世界が一致の時は、観察主体は無(無我)となっています。無心になって、物となって見ていると言い換えられます。世界となって見ているともいえます。
しかし、自己と世界を自覚する観察主体がある時は、自己と世界を見るものと見られるものが対立・矛盾することになるのです。

自己と世界の関係は、自己=世界、自己と非自己化された世界が、絶対に矛盾しながらも自己同一にあるといえるのです。

※詳しくは、心理相談室こころ室長 定森恭司著書の「ホロニカル・セラピー:内 的世界と外的世界を共に扱う総合的アプローチ)」(遠見書房、2015)を参照ください。