-内的世界と外的世界を共に扱う総合的アプローチ-
ホロニカル・アプローチとは、“こころ”の深層から、身体、関係性や社会に至るまで、自己(部分)⇔世界(全体)の関係を自由無礙じゆうむげに俯瞰しながらアプローチするもので、フロイトやユング、家族療法、プロセス指向心理学、システム論、ナラティブ・セラピーに加え、西洋哲学から東洋思想までをバックボーンに、生命力の溢れる情感をともなった“こころ”そのものの体験を扱っていく心理相談の思想および技法のことです。

※ 詳しくは、心理相談室こころ室長 定森恭司著書の「ホロニカル・セラピー:内的世界と外的世界を共に扱う総合的アプローチ)」(遠見書房,2015)を参照ください。

記事一覧
ホロニカル・アプローチのさまざまな技法

ホロニカル・アプローチでは、こころの内(内的世界)・外(外的世界)をめぐる自己と世界との悪循環パターンを、安心、かつ適切に観察できるような無限の俯瞰をつくり出すために、いろいろな技法が活用されます。

自由無礙な自己と世界の開かれた対話が、新たな自己と世界の関係を発見・創造していきます。

主な技法としては、次のようなものがあります。

小物による外在化
場面再現法
対話法
心的イメージの増幅・拡充法
--能動的想像法
--ただ観察
エンパワ-メント法
サイコモデル法
超俯瞰法
スケール化法
無意識的行為の意識化法
ホームシミュレーション法
スポット法
三点法

これらの技法は、適宜、通常の心理面接の中で、ごく自然に活用されます。
いくつかの技法が、組み合わされこともあります。

※詳しくは、心理相談室こころ室長 定森恭司著の「ホロニカル・セラピー:内的世界と外的世界を共に扱う総合的アプローチ」(遠見書房,2015)、または、定森恭司・定森露子共著の「ホロニカル・アプローチ:統合的アプローチによる心理・社会的支援」(遠見書房,2019)を参照ください。