ご予約・お問い合わせ

名古屋・カウンセリングルーム
心理相談室こころ ■相談時間 (予約制)
月曜~土曜日 8:45~21:30
※日曜、祝日、年末年始休み
※面接中は留守電になります。

電話番号052-852-8381

nagoya-kokoro@muh.biglobe.ne.jp
〒467-0017
名古屋市瑞穂区東栄町7-8-6
※駐車場3台有

心理相談室こころへのアクセス
お気に入りに登録
QRコード

 携帯サイトはこちら

Psychological Counseling Services KOKORO 心理相談室こころ 「専門性の高い臨床心理士たちが、こころに関する智慧の統合化を目指す臨床心理学的方法(ホロニカル・セラピー)によって、あなたの新しい人生の創造をサポートします」 ※心理相談室こころでは、タンザニアのマコンデ彫刻とティンガティンガ・アートをモチーフにしています。 マコンデ彫刻とは?>>

新たな人生を臨床心理士とともに創造していきます

 <瞬間・瞬間、変化していく世界が、私たちを包んでいます。> 私たちは、刻々変化する世界に生きて死んでいくのです。

 “こころ”を意識・精神の活動と狭くとらえると、「自分だけのもの」になってしまいますが、もっと広くとらえることができれば、「瞬間・瞬間、変化していく世界」が、“こころ”そのものと気づきます。この気づきは、包むものと包まれるものが無境界となる体験をもたらし、新しい自己観をもたらします。

 しかし普段は、“こころ”は、形もなく、見ることができず、「世界=こころ」などとは気づきません。ただ、行動、感情、思考、意思や、脳の神経活動、愛・憎、人間関係、思想・哲学、芸術、宗教などが、“こころ”のごく一部のあらわれとして知るのみです。このように、“こころ”は、いろいろな出来事や形となってあらわれますが、「苦悩」の源泉ともなるのです。

 「苦悩」とは、自己と世界との対立や不一致の状態といえます。

 苦悩が積み重なると、さまざまな心的症状や心的問題をつくり出してしまいます。そのため、心的症状や心的問題を丁寧に観察すれば、そこには自己と世界の間の悪循環パターンを発見することができます。頑固な心的症状や心的問題ほど、“こころ”の様々な面にわたって、自己と世界との関係の悪循環パターンが刻み込まれています。

心理相談室こころ受付

 しかし、ある心的症状や心的問題をめぐって起きてしまっている自己と世界の間の悪循環パターンを、新たな観点から適切に見つめ直すことができれば、より自己と世界の一致を目指した新たな人生を創造することも可能となります。

このような新しいパラダイムに基づく考え方は、古今東西の心理学、精神医学や“こころ”関する思想・哲学の統合化を目指している中から誕生しました。こうした新しいパラダイムに基づく臨床心理学的支援の方法を、当室では、「ホロニカル・セラピー」と名づけています。

カウンセリングサービスの内容

カウンセリング・相談内容

生きがいを求めて

 自己探求、自己分析、女性として、男性として、
 夫婦、家族、愛、宗教



悩みや問題の
解決を求めて

自分自身
 
家族関係
夫婦関係
子ども
 
職場・仕事

…  トラウマ、不安、抑うつ、
   パニック、拒食・過食
…  親子関係、家庭内暴力、死別
…  結婚、離婚、DV
…  不登校、ひきこもり、いじめ・いじめられ、
   非行、発達障がい
…  ストレス、人間関係、転職

専門家への援助  スーパービジョン、教育分析、コンサルテーション
詳しくはこちら
過去の記事を読む