アーカイブ

アーカイブ

お知らせ

対人援助職にある専門家に対するスーパービジョンや教育的自己分析をご希望の方は、「お問い合わせ・ご予約フォーム(http://kokoro.racoo.co.jp/yoyaku)または、お電話(052-852-8381)にて、お問い合わせください。

スーパービジョン及び教育的自己分析の方法は、“こころ”の内的世界及び外的世界を共に扱う心理社会的支援法の統合的アプローチの立場です。

<著書>
○千賀則史・定森恭司著(2022)『子ども虐待事例から学ぶ統合的アプローチ─:ホロニカル・アプローチによる心理社会的支援』明石書店.
★発売日2022年4月7日予定(アマゾンで予約可能)
※子ども虐待の事例を通して、ホロニカル・アプローチをわかりやすく学べます。

○定森恭司・定森露子(2019)『ホロニカル・アプローチ:統合的アプローチによる心理・社会的支援』遠見書房
※心理社会的支援の実践と理論と技法を、構成的事例などを使いながらまとめてある本。心理社会的支援を包括的視点から学ぶことができます。

○定森恭司(2015)『ホロニカル・セラピー:内的世界と外的世界を共に扱う統合的アプローチ』遠見書房
※ホロニカル論を本格的に、はじめてまとめた著書です。

○定森恭司編集(2005)『教師とカウンセラーのための学校心理臨床講座』昭和堂
※スクールカウンセラーをはじめとする学校心理臨床や教育相談関係者向けの本です。

<ホームページ>
心理相談室“こころ”ホームページ
http://kokoro.racoo.co.jp/holonical/に「ホロニカル・アプローチ」の基本的な説明が公開されています。

<ブログ>
ホロニカル・マガジン(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/
ホロニカル・アプローチから生まれたホロニカル心理学に関する智慧や雑感などが無料で閲覧できます。毎月3回、1回5本程度の記事をブログ風にしてまとめて公開しています。メールアドレスを記入し購読(無料)頂くと、更新の度に自動受信できるようにしてあります。

<研究会>
対人援助職のための統合的アプローチ研究会(略称AIA)
https://integrated-approach.jimdofree.com/
定森恭司が発起人代表、定森露子が発起人副代表となり、対人援助に関わる多領域・多職種の34名が発起人となったAIAという研究会があります。現在100名以上の方が入会されています。AIAが対人援助職の方々をつなぐ「プラットホーム」となることを目指しています。論文からエッセイや各種情報提供や、いろいろな企画(ホロニカル心理学に関する講座やワークなど)を開催しています。研究誌は、無料公開されています。本会に入会されると、入会金3,000円(初年度のみ)、年会費2,000円で、入会時の3,000円には、「ホロニカル・アプローチ」(上記「4」。定価2,860円)を含んでいます。

お知らせ

「心理相談室こころ」は、個人や家族への心理相談(カウンセリングや心理療法)を2024年3月末で終了し、2024年4月から、さまざまな対人援助に関わる人をスーパービジョン・コンサルテーション、セミナーやワークショップを通じてサポートする支援機関に生まれ変わりました。

 

なお、他の相談機関は、下記のサイトをご参照ください。

参考サイト
①当室ホームページリンク集の心理相談室等
https://kokoro.racoo.co.jp/link
②社団法人日本臨床心理士会のホームぺージ: 臨床心理士に出会うには
http://www.jsccp.jp/near/

 

お知らせ

内的世界と外的世界を共に扱う心理社会的統合的アプローチであるホロニカル・アプローチから生まれたホロニカル心理学に基づく心理社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/ をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと「マガジンをメールで購読」とありますので、そこに「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能になります。定期購読者の方への定期配信以外にも、随時、いろいろな記事をアップしていますので、「検索」機能、「最近の投稿」「カテゴリー」「アーカイブ」の機能を使いながら、興味のあるテーマを検索しながら、ホロニカルな世界をお楽しみください。

今回の購読者の方への自動配信は、次の5編です。

「自己と世界(19):生成と消滅の循環」https://wp.me/pavZMB-5xd
 :自己と世界が相互に影響し合い、新たな世界を創造しています。ではその創造の源は何でしょうか? それは絶対的な存在といえます。全てを生み出し、全てを無に帰す力といえます。ホロニカル心理学では、そうした力を持つものは「絶対無」や「空」に相当すると解釈されています。こうした哲学的な探求は、自己と世界の関係を新たな観点から考えるきっかけになるでしょう。
「福沢諭吉と懐疑の精神:学問のすすめにおける視点」https://wp.me/pavZMB-5Ld
 :「学問のすすめ」の著者は、自由と文明開化のためには「懐疑の精神」が重要で、多様な意見の対立と論争が学問の発展に必要だと説いています。しかし、現代社会では論争を避ける傾向があります。それでも、価値の多元化が進む今日こそ、お互いの意見を尊重し、対話を通じて最善の道を模索することが重要です。懐疑の精神を忘れず、一つの言説だけにとらわれないことが大切な時代だと思います。
「共創的支援の事例(6):「アンガーマネジメント」の受講勧奨に抵抗を示したある母親」https://wp.me/pavZMB-5Qz
 :構成的事例の第6話です。子どものゲームの終わらせ方について、参加者たちは様々な視点から議論を展開。母親の経験や心理職の提案、そして子ども自身の意見が交わり、難しい問題に真剣に向き合います。終了時、母親の感謝の言葉と共に涙が流れ、参加者たちはこの親子が過去に苦難を乗り越えてきたことを改めて認識します。
「道元の仏道とホロニカル心理学」https://wp.me/pavZMB-5xj
 :道元の。仏道の学びと自己の学び、そして自己の悟りが万法に証されるという道元の視点は、ホロニカル心理学の心から学ぶ姿勢と相似的ですが、ホロニカル心理学は新しい心理学であり、仏道や宗教の悟りとは異なる道を歩みます。
「ホロニカル心理学と生きる規準:真理と直接体験の関係性」https://wp.me/pavZMB-5Lj
 :真理は直接体験から生まれ、それが私たちの理解を形成します。ホロニカル心理学は、こうした真理をホロニカル主体と呼び、言語を通じて明確化します。しかし、その真理は言語と文化の影響を避けられません。真理の実感は直観的で、その深化の過程でホロニカル主体が形成されます。

※対人援助職にある専門家に対するスーパービジョンや教育的自己分析をご希望の方は、「お問い合わせ・ご予約フォーム(http://kokoro.racoo.co.jp/yoyaku)または、お電話(052-852-8381)にて、お問い合わせください。スーパービジョン及び教育的自己分析の方法は、“こころ”の内的世界及び外的世界を共に扱う心理社会的支援法の統合的アプローチの立場です。参考図書は下記の通りです。

<参考図書>
・「子ども虐待事例から学ぶ統合的アプローチ─:ホロニカル・アプローチによる心理社会的支援」
  千賀則史・定森恭司著,2022年,明石書店.
・「ホロニカル・アプローチ:統合的アプローチによる心理・社会的支援」
 定森恭司・定森露子著,2019年,遠見書房.
・「ホロニカル・セラピー:内的世界と外的世界を共に俯瞰する統合的アプローチ」
   定森恭司著,2015年,遠見書房
・「教師とカウンセラーのための学校心理臨床講座」
   定森恭司編,前田由紀子・中村美津子・花井正樹・定森露子著,2005,昭和堂.
<お勧めサイト>
・カレーの話だと、なぜかみんなやさしく対話ができることを徹底的に明かにした、ホロニカル論と相性がとてもいいユニークな「カレー理論」です。
 https://note.com/universalfood/n/nf649497162fd
・「場所的自己」に関する論文です。
https://drive.google.com/file/d/1WAPN1NxVxS6kBgRE50VIZCX7zp4Qsl-D/view
・家庭訪問の智慧に関する論文です。
 https://drive.google.com/file/d/137FwIg2oXHlDTelvqfkbsADZHTMOucBM/view
・ホロニカル・アプローチのABCモデルに関する論文です
 https://drive.google.com/file/d/1sLHO7Q8a4KWw-FkMQplx7qoS6g3QkVYy/view
・当事者研究に関する研究ノートです。
https://drive.google.com/file/d/1Z8hl4WtcKcvSpmn-Bvha3T8X__AMAdhZ/view
・ホロニカル・マガジン
  http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/

お知らせ

内的世界と外的世界を共に扱う心理社会的統合的アプローチであるホロニカル・アプローチから生まれたホロニカル心理学に基づく心理社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/ をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと「マガジンをメールで購読」とありますので、そこに「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能になります。定期購読者の方への定期配信以外にも、随時、いろいろな記事をアップしていますので、「検索」機能、「最近の投稿」「カテゴリー」「アーカイブ」の機能を使いながら、興味のあるテーマを検索しながら、ホロニカルな世界をお楽しみください。

今回の購読者の方への自動配信は、次の5編です。

「ホロニカル・アプローチ:心理社会的統合の進化とその実践」https://wp.me/pavZMB-5wE
 :1980年代の番長Aのある行為に関するアハ体験が、その後、「ホロニカル」という概念創発の原体験となりました。Aが瞬く間に教師と生徒関係の力動を反転させたシンボル的存在になった背景には、Aの対教師暴力行為の一瞬に、当時のAの内的世界や外的世界をめぐる多層多次元にわたる複雑な問題の一切合切が織り込まれていると了解されたのです。この気づきは、その後、番長Aに限らず、あらゆる自己という存在は、場所的存在として、自己に内的世界から外的世界にわたる一切合切を織り込みながら、一瞬・一瞬を生きているとの理解になっていきます。
「場所の深淵なる意味(ホロニカル心理学の立場から)」https://wp.me/pavZMB-5D8
 :自己は場から生まれ、場所的存在として生き、死んで場になると考えています。
「外的世界と内的世界の統合:心理社会的支援の新たな地平」https://wp.me/pavZMB-5ws
 :自己は、場所的存在として、一瞬・一瞬、その場所に応じた内的世界と外的世界を絶え間なく創りあげているのではないでしょうか。
「自己意識の発達とその障害」https://wp.me/pavZMB-5PI
 :自己意識は発達していきます。しかし、適切な自己意識の発達が疎外されると、様々な症状を形成し、その蓄積は生きづらさとなっていくと考えられます。
「共創的支援の事例(4):『アンガーマネジメント』の受講勧奨に抵抗を示したある母親」https://wp.me/pavZMB-5Qf
 :構成的事例の第4話です。誰かの問題ではなく、みんなが向き合うべき最大の課題、「カット虫」という形で外在化され、問題解決の場は、楽しい雰囲気になっていきます。

※対人援助職にある専門家に対するスーパービジョンや教育的自己分析をご希望の方は、「お問い合わせ・ご予約フォーム(http://kokoro.racoo.co.jp/yoyaku)または、お電話(052-852-8381)にて、お問い合わせください。スーパービジョン及び教育的自己分析の方法は、“こころ”の内的世界及び外的世界を共に扱う心理社会的支援法の統合的アプローチの立場です。参考図書は下記の通りです。

<参考図書>
・「子ども虐待事例から学ぶ統合的アプローチ─:ホロニカル・アプローチによる心理社会的支援」
  千賀則史・定森恭司著,2022年,明石書店.
・「ホロニカル・アプローチ:統合的アプローチによる心理・社会的支援」
 定森恭司・定森露子著,2019年,遠見書房.
・「ホロニカル・セラピー:内的世界と外的世界を共に俯瞰する統合的アプローチ」
   定森恭司著,2015年,遠見書房
・「教師とカウンセラーのための学校心理臨床講座」
   定森恭司編,前田由紀子・中村美津子・花井正樹・定森露子著,2005,昭和堂.
<お勧めサイト>
・カレーの話だと、なぜかみんなやさしく対話ができることを徹底的に明かにした、ホロニカル論と相性がとてもいいユニークな「カレー理論」です。
 https://note.com/universalfood/n/nf649497162fd
・「場所的自己」に関する論文です。
https://drive.google.com/file/d/1WAPN1NxVxS6kBgRE50VIZCX7zp4Qsl-D/view
・家庭訪問の智慧に関する論文です。
 https://drive.google.com/file/d/137FwIg2oXHlDTelvqfkbsADZHTMOucBM/view
・ホロニカル・アプローチのABCモデルに関する論文です
 https://drive.google.com/file/d/1sLHO7Q8a4KWw-FkMQplx7qoS6g3QkVYy/view
・当事者研究に関する研究ノートです。
https://drive.google.com/file/d/1Z8hl4WtcKcvSpmn-Bvha3T8X__AMAdhZ/view
・ホロニカル・マガジン
  http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/

お知らせ

内的世界と外的世界を共に扱う心理社会的統合的アプローチであるホロニカル・アプローチから生まれたホロニカル心理学に基づく心理社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/ をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと「マガジンをメールで購読」とありますので、そこに「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能になります。定期購読者の方への定期配信以外にも、随時、いろいろな記事をアップしていますので、「検索」機能、「最近の投稿」「カテゴリー」「アーカイブ」の機能を使いながら、興味のあるテーマを検索しながら、ホロニカルな世界をお楽しみください。

今回の購読者の方への自動配信は、次の5編です。

「ホロニカル・アプローチ:心理社会的統合の進化とその実践」https://wp.me/pavZMB-5wE :1980年代の番長Aのある行為に関するアハ体験が、その後、「ホロニカル」という概念創発の原体験となりました。Aが瞬く間に教師と生徒関係の力動を反転させたシンボル的存在になった背景には、Aの対教師暴力行為の一瞬に、当時のAの内的世界や外的世界をめぐる多層多次元にわたる複雑な問題の一切合切が織り込まれていると了解されたのです。この気づきは、その後、番長Aに限らず、あらゆる自己という存在は、場所的存在として、自己に内的世界から外的世界にわたる一切合切を織り込みながら、一瞬・一瞬を生きているとの理解になっていきます。
「場所の深淵なる意味(ホロニカル心理学の立場から)」https://wp.me/pavZMB-5D8
 :自己は場から生まれ、場所的存在として生き、死んで場になると考えています。
「外的世界と内的世界の統合:心理社会的支援の新たな地平」https://wp.me/pavZMB-5ws
 :自己は、場所的存在として、一瞬・一瞬、その場所に応じた内的世界と外的世界を絶え間なく創りあげているのではないでしょうか。
「自己意識の発達とその障害」https://wp.me/pavZMB-5PI
 :自己意識は発達していきます。しかし、適切な自己意識の発達が疎外されると、様々な症状を形成し、その蓄積は生きづらさとなっていくと考えられます。
「共創的支援の事例(4):『アンガーマネジメント』の受講勧奨に抵抗を示したある母親」
https://wp.me/pavZMB-5Qf
 :構成的事例の第4話です。誰かの問題ではなく、みんなが向き合うべき最大の課題、「カット虫」という形で外在化され、問題解決の場は、楽しい雰囲気になっていきます。

※対人援助職にある専門家に対するスーパービジョンや教育的自己分析をご希望の方は、「お問い合わせ・ご予約フォーム(http://kokoro.racoo.co.jp/yoyaku)または、お電話(052-852-8381)にて、お問い合わせください。スーパービジョン及び教育的自己分析の方法は、“こころ”の内的世界及び外的世界を共に扱う心理社会的支援法の統合的アプローチの立場です。参考図書は下記の通りです。

<参考図書>
・「子ども虐待事例から学ぶ統合的アプローチ─:ホロニカル・アプローチによる心理社会的支援」
  千賀則史・定森恭司著,2022年,明石書店.
・「ホロニカル・アプローチ:統合的アプローチによる心理・社会的支援」
 定森恭司・定森露子著,2019年,遠見書房.
・「ホロニカル・セラピー:内的世界と外的世界を共に俯瞰する統合的アプローチ」
   定森恭司著,2015年,遠見書房
・「教師とカウンセラーのための学校心理臨床講座」
   定森恭司編,前田由紀子・中村美津子・花井正樹・定森露子著,2005,昭和堂.
<お勧めサイト>
・カレーの話だと、なぜかみんなやさしく対話ができることを徹底的に明かにした、ホロニカル論と相性がとてもいいユニークな「カレー理論」です。
 https://note.com/universalfood/n/nf649497162fd
・「場所的自己」に関する論文です。
https://drive.google.com/file/d/1WAPN1NxVxS6kBgRE50VIZCX7zp4Qsl-D/view
・家庭訪問の智慧に関する論文です。
 https://drive.google.com/file/d/137FwIg2oXHlDTelvqfkbsADZHTMOucBM/view
・ホロニカル・アプローチのABCモデルに関する論文です
 https://drive.google.com/file/d/1sLHO7Q8a4KWw-FkMQplx7qoS6g3QkVYy/view
・当事者研究に関する研究ノートです。
https://drive.google.com/file/d/1Z8hl4WtcKcvSpmn-Bvha3T8X__AMAdhZ/view
・ホロニカル・マガジン
  http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/

お知らせ

内的世界と外的世界を共に扱う心理社会的統合的アプローチであるホロニカル・アプローチから生まれたホロニカル心理学に基づく心理社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/ をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと「マガジンをメールで購読」とありますので、そこに「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能になります。定期購読者の方への定期配信以外にも、随時、いろいろな記事をアップしていますので、「検索」機能、「最近の投稿」「カテゴリー」「アーカイブ」の機能を使いながら、興味のあるテーマを検索しながら、ホロニカルな世界をお楽しみください。

今回の購読者の方への自動配信は、次の5編です。

「苦悩の理解と効果測定」https://wp.me/pavZMB-5Pq
 :苦悩に対して「治療」的観点ではなく、苦悩する当事者に寄り添い、喜怒哀楽を共有する人の場合は、治療行為におけるエビデンスとは異なる信頼のある効果測定をしていく必要があります。
「内的世界と外的世界を共に扱うことの意義」https://wp.me/pavZMB-5Py
 :内的世界と外的世界の両者を無批判・無評価・無解釈の立場から被支援者と支援者が共創的に俯瞰すると、加速度的な変容を被支援者にもたらします。
「子ども虐待問題へ対応の基本」https://wp.me/pavZMB-5PN
 :子ども虐待のように多層的かつ多次元的な問題に対する支援においては、まず一次レベルの支援として、日々の生活の場が安全かつ安心できる場になることが優先されます。その土台の上で、二次レベルの通所・通院による支援や、三次レベルの入所・入院による支援が持続的な効果を持ちます。
「自己の二重性:個性と普遍性」https://wp.me/pavZMB-5PR
 :自己の存在が個性と普遍性という二重性を持つことが、真の自己に向かって深化していくことを可能にしていると考えられます。
「共創的支援の事例(3):「アンガーマネジメント」の受講勧奨に抵抗を示したある母親」
https://wp.me/pavZMB-5Q0
 :構成的事例の第3話です。
支援者の綿密な打ち合わせ後、いよいよ当事者参加型の共創的支援がはじまります。

※対人援助職にある専門家に対するスーパービジョンや教育的自己分析をご希望の方は、「お問い合わせ・ご予約フォーム(http://kokoro.racoo.co.jp/yoyaku)または、お電話(052-852-8381)にて、お問い合わせください。スーパービジョン及び教育的自己分析の方法は、“こころ”の内的世界及び外的世界を共に扱う心理社会的支援法の統合的アプローチの立場です。参考図書は下記の通りです。

<参考図書>
・「子ども虐待事例から学ぶ統合的アプローチ─:ホロニカル・アプローチによる心理社会的支援」
  千賀則史・定森恭司著,2022年,明石書店.
・「ホロニカル・アプローチ:統合的アプローチによる心理・社会的支援」
 定森恭司・定森露子著,2019年,遠見書房.
・「ホロニカル・セラピー:内的世界と外的世界を共に俯瞰する統合的アプローチ」
   定森恭司著,2015年,遠見書房
・「教師とカウンセラーのための学校心理臨床講座」
   定森恭司編,前田由紀子・中村美津子・花井正樹・定森露子著,2005,昭和堂.
<お勧めサイト>
・カレーの話だと、なぜかみんなやさしく対話ができることを徹底的に明かにした、ホロニカル論と相性がとてもいいユニークな「カレー理論」です。
 https://note.com/universalfood/n/nf649497162fd
・「場所的自己」に関する論文です。
https://drive.google.com/file/d/1WAPN1NxVxS6kBgRE50VIZCX7zp4Qsl-D/view
・家庭訪問の智慧に関する論文です。
 https://drive.google.com/file/d/137FwIg2oXHlDTelvqfkbsADZHTMOucBM/view
・ホロニカル・アプローチのABCモデルに関する論文です
 https://drive.google.com/file/d/1sLHO7Q8a4KWw-FkMQplx7qoS6g3QkVYy/view
・当事者研究に関する研究ノートです。
https://drive.google.com/file/d/1Z8hl4WtcKcvSpmn-Bvha3T8X__AMAdhZ/view
・ホロニカル・マガジン
  http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/

お知らせ

内的世界と外的世界を共に扱う心理社会的統合的アプローチであるホロニカル・アプローチから生まれたホロニカル心理学に基づく心理社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/ をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと「マガジンをメールで購読」とありますので、そこに「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能になります。定期購読者の方への定期配信以外にも、随時、いろいろな記事をアップしていますので、「検索」機能、「最近の投稿」「カテゴリー」「アーカイブ」の機能を使いながら、興味のあるテーマを検索しながら、ホロニカルな世界をお楽しみください。

今回の購読者の方への自動配信は、次の5編です。

「不一致・一致(13):双面的関係」https://wp.me/pavZMB-5tI
 :自己と世界の出あいは、一瞬・一瞬、不一致・一致を繰り返しており、しかも不一致・一致の関係は双面的関係にあり、自己と世界は同時に生成されていると考えられます。その結果、自己にとっては、自己があるところに必ず世界があります。
「自己超個的自己との出あい」https://wp.me/pavZMB-5qk
 :超個的自己は、個的自己を包摂し、超越します。自己の自己超越的側面に触れ出すと、自己の意味が、より普遍的なものの探究にあることに目覚めていくようになります。
「伴走型支援:親密な他者となる関係づくりを含む支援」https://wp.me/pavZMB-5qp
 :被支援者と支援者が共に悩み、一緒に考え、一緒に問題解決をする「親密な他者」となる関係づくりを含む伴走型支援が大切な時代と考えられます。
「神・仏の働きを感じる人の減少のもたらす影響」https://wp.me/pavZMB-5wf
 :我の現実検討識まで失って、トランスパーソナル的な精神世界に熱狂することと、自己の脆弱性、不完全性、人格の至らなさの罪深さを実感し、トランスパーソナル的な働きによって生き方を悔い改めていくような人格者となることを追究していくことは、しっかりと区別すべきです。
「共創的支援の事例(2):「アンガーマネジメント」の受講勧奨に抵抗を示したある母親」https://wp.me/pavZMB-5P7
 :構成的事例の第2話です。物語は、スーパービジョンを契機に大きく方針が転換されていきます。

※対人援助職にある専門家に対するスーパービジョンや教育的自己分析をご希望の方は、「お問い合わせ・ご予約フォーム(http://kokoro.racoo.co.jp/yoyaku)または、お電話(052-852-8381)にて、お問い合わせください。スーパービジョン及び教育的自己分析の方法は、“こころ”の内的世界及び外的世界を共に扱う心理社会的支援法の統合的アプローチの立場です。参考図書は下記の通りです。

<参考図書>
・「子ども虐待事例から学ぶ統合的アプローチ─:ホロニカル・アプローチによる心理社会的支援」
  千賀則史・定森恭司著,2022年,明石書店.
・「ホロニカル・アプローチ:統合的アプローチによる心理・社会的支援」
 定森恭司・定森露子著,2019年,遠見書房.
・「ホロニカル・セラピー:内的世界と外的世界を共に俯瞰する統合的アプローチ」
   定森恭司著,2015年,遠見書房
・「教師とカウンセラーのための学校心理臨床講座」
   定森恭司編,前田由紀子・中村美津子・花井正樹・定森露子著,2005,昭和堂.
<お勧めサイト>
・カレーの話だと、なぜかみんなやさしく対話ができることを徹底的に明かにした、ホロニカル論と相性がとてもいいユニークな「カレー理論」です。
 https://note.com/universalfood/n/nf649497162fd
・「場所的自己」に関する論文です。
https://drive.google.com/file/d/1WAPN1NxVxS6kBgRE50VIZCX7zp4Qsl-D/view
・家庭訪問の智慧に関する論文です。
 https://drive.google.com/file/d/137FwIg2oXHlDTelvqfkbsADZHTMOucBM/view
・ホロニカル・アプローチのABCモデルに関する論文です
 https://drive.google.com/file/d/1sLHO7Q8a4KWw-FkMQplx7qoS6g3QkVYy/view
・当事者研究に関する研究ノートです。
https://drive.google.com/file/d/1Z8hl4WtcKcvSpmn-Bvha3T8X__AMAdhZ/view
・ホロニカル・マガジン
  http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/

お知らせ

内的世界と外的世界を共に扱う心理社会的統合的アプローチであるホロニカル・アプローチから生まれたホロニカル心理学に基づく心理社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/ をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと「マガジンをメールで購読」とありますので、そこに「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能になります。定期購読者の方への定期配信以外にも、随時、いろいろな記事をアップしていますので、「検索」機能、「最近の投稿」「カテゴリー」「アーカイブ」の機能を使いながら、興味のあるテーマを検索しながら、ホロニカルな世界をお楽しみください。

今回の購読者の方への自動配信は、次の5編です。

「内的世界と外的世界を共に扱う統合的アプローチの重要性」https://wp.me/pavZMB-5w3
 :世界規模での価値の多元化・多様化の指数関数的浸透は、従前の内的世界中心だった“こころ”の研究を、内的世界も外的世界も共に扱う心理社会的な統合的アプローチに転換していく必要性を高めていると思われます。
「執着からの脱却プロセス」https://wp.me/pavZMB-5qg
 :ホロニカル心理学の自己意識の発達論からみた、執着からの脱却プロセスです。
「観察主体の発達段階」の図表に見慣れてくると、自己意識の発達がなんとなく了解されてくると思います。
「理念・理想の血肉化に至る非言語的変容プロセス」https://wp.me/pavZMB-5q7
 :新しい理念・理想が血肉化するためには、理性的な変容だけではなく、「死と再生」の繰り返しにも匹敵する非言語的な変容プロセスの体験が伴うと考えられます。
「被支援者の苦悩と支援者の関係」https://wp.me/pavZMB-5qa
 :生きている場を共有しているという感覚がある限り、被支援者の苦悩は、支援者の苦悩となります。苦悩を共有可能だからこそ、共により生きやすい人生の道を発見・創造することが可能になると考えられるのです。
「『アンガーマネジメント』の受講勧奨に抵抗を示したある母親(1)」https://wp.me/pavZMB-5Oc
 :類似事例を集め、その中で共通する本質を抜き出しながら創作した架空事例です。
今回は、支援者が、よかれと思って紹介した「アンガーマネージメント」の講座受講の勧奨が、被支援者を傷つけてしまった物語です。シリーズ物です。今回はまずは第1話です。

※対人援助職にある専門家に対するスーパービジョンや教育的自己分析をご希望の方は、「お問い合わせ・ご予約フォーム(http://kokoro.racoo.co.jp/yoyaku)または、お電話(052-852-8381)にて、お問い合わせください。スーパービジョン及び教育的自己分析の方法は、“こころ”の内的世界及び外的世界を共に扱う心理社会的支援法の統合的アプローチの立場です。参考図書は下記の通りです。

<参考図書>
・「子ども虐待事例から学ぶ統合的アプローチ─:ホロニカル・アプローチによる心理社会的支援」
  千賀則史・定森恭司著,2022年,明石書店.
・「ホロニカル・アプローチ:統合的アプローチによる心理・社会的支援」
 定森恭司・定森露子著,2019年,遠見書房.
・「ホロニカル・セラピー:内的世界と外的世界を共に俯瞰する統合的アプローチ」
   定森恭司著,2015年,遠見書房
・「教師とカウンセラーのための学校心理臨床講座」
   定森恭司編,前田由紀子・中村美津子・花井正樹・定森露子著,2005,昭和堂.
<お勧めサイト>
・カレーの話だと、なぜかみんなやさしく対話ができることを徹底的に明かにした、ホロニカル論と相性がとてもいいユニークな「カレー理論」です。
 https://note.com/universalfood/n/nf649497162fd
・「場所的自己」に関する論文です。
https://drive.google.com/file/d/1WAPN1NxVxS6kBgRE50VIZCX7zp4Qsl-D/view
・家庭訪問の智慧に関する論文です。
 https://drive.google.com/file/d/137FwIg2oXHlDTelvqfkbsADZHTMOucBM/view
・ホロニカル・アプローチのABCモデルに関する論文です
 https://drive.google.com/file/d/1sLHO7Q8a4KWw-FkMQplx7qoS6g3QkVYy/view
・当事者研究に関する研究ノートです。
https://drive.google.com/file/d/1Z8hl4WtcKcvSpmn-Bvha3T8X__AMAdhZ/view
・ホロニカル・マガジン
  http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/

お知らせ

内的世界と外的世界を共に扱う心理社会的統合的アプローチであるホロニカル・アプローチから生まれたホロニカル心理学に基づく心理社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/ をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと「マガジンをメールで購読」とありますので、そこに「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能になります。定期購読者の方への定期配信以外にも、随時、いろいろな記事をアップしていますので、「検索」機能、「最近の投稿」「カテゴリー」「アーカイブ」の機能を使いながら、興味のあるテーマを検索しながら、ホロニカルな世界をお楽しみください。

今回の購読者の方への自動配信は、次の5編です。

「70代の母親のことで悩む40歳代の陽子(構成的事例)」https://wp.me/pavZMB-5Nj
: ホロニカル・アプローチの技法である「外在化」「差違の明確化」「場面再現法」「対話法」「ただ観察」などを使って、短期間で適切な自己を自己組織化されていった幾つかの事例を合成して創り上げた構成的事例です。
「“こころ”とは(73):出来事を包む」https://wp.me/pavZMB-5ML
:自己と世界の出あいの一瞬・一瞬は絶えず変化しています。が、すべての出来事を包摂するものが“こころ”です。“こころ”があることで、一刻一刻生成消滅する非連続的な世界を、一つのまとまりのある世界として感じ取ることができます。それだけに、もし、“こころ”が統合性を失ってしまうと、自己も世界もバラバラな出来事になってしまいます。
「子ども虐待(5):まずは物理的な安全と安心の生活の場の確保」https://wp.me/pavZMB-51A
:今・現在の子どもたちの状況が、安全感・安心感を抱くことのできない過酷な状況にあるときには、既存の面接室や診察室における心理療法や精神療法による対応だけでは限界があります。
「自己意識の深化につながる道としてのホロニカル・アプローチ」 https://wp.me/pavZMB-5q1
:ホロニカル・アプローチは、心理療法でもなければ、心理相談でもなければ、心理社会的支援法でもなく、もはや自己意識の発達のための修行法というニュアンスを帯びてきています。
「子ども虐待(6):通告制度の見直しと児童福祉の未来」https://wp.me/pavZMB-5NB
:現在の児童虐待の通告制度を見直す必要があると考えます。保護者を監視するかのような監視型社会から、保護者も包摂する子遣り文化をもった相互包摂的社会づくりの観点への転換が喫緊の課題と思います。

※対人援助職にある専門家に対するスーパービジョンや教育的自己分析をご希望の方は、「お問い合わせ・ご予約フォーム(http://kokoro.racoo.co.jp/yoyaku)または、お電話(052-852-8381)にて、お問い合わせください。スーパービジョン及び教育的自己分析の方法は、“こころ”の内的世界及び外的世界を共に扱う心理社会的支援法の統合的アプローチの立場です。参考図書は下記の通りです。

<参考図書>
・「子ども虐待事例から学ぶ統合的アプローチ─:ホロニカル・アプローチによる心理社会的支援」
千賀則史・定森恭司著,2022年,明石書店.
・「ホロニカル・アプローチ:統合的アプローチによる心理・社会的支援」
定森恭司・定森露子著,2019年,遠見書房.
・「ホロニカル・セラピー:内的世界と外的世界を共に俯瞰する統合的アプローチ」
定森恭司著,2015年,遠見書房
・「教師とカウンセラーのための学校心理臨床講座」
定森恭司編,前田由紀子・中村美津子・花井正樹・定森露子著,2005,昭和堂.
<お勧めサイト>
・カレーの話だと、なぜかみんなやさしく対話ができることを徹底的に明かにした、ホロニカル論と相性がとてもいいユニークな「カレー理論」です。
https://note.com/universalfood/n/nf649497162fd
・「場所的自己」に関する論文です。
https://drive.google.com/file/d/1WAPN1NxVxS6kBgRE50VIZCX7zp4Qsl-D/view
・家庭訪問の智慧に関する論文です。
https://drive.google.com/file/d/137FwIg2oXHlDTelvqfkbsADZHTMOucBM/view
・ホロニカル・アプローチのABCモデルに関する論文です
https://drive.google.com/file/d/1sLHO7Q8a4KWw-FkMQplx7qoS6g3QkVYy/view
・当事者研究に関する研究ノートです。
https://drive.google.com/file/d/1Z8hl4WtcKcvSpmn-Bvha3T8X__AMAdhZ/view
・ホロニカル・マガジン
http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/

お知らせ

内的世界と外的世界を共に扱う心理社会的統合的アプローチであるホロニカル・アプローチから生まれたホロニカル心理学に基づく心理社会的支援の智慧を集めた「ホロニカル・マガジン」(http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/)を発行しています。

http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/ をクリックし、トップページの右上の「MENU」ボタンを押すと「マガジンをメールで購読」とありますので、そこに「メールアドレス」をご記入いただくと定期購読(無料,月4回程度)が可能になります。定期購読者の方への定期配信以外にも、随時、いろいろな記事をアップしていますので、「検索」機能、「最近の投稿」「カテゴリー」「アーカイブ」の機能を使いながら、興味のあるテーマを検索しながら、ホロニカルな世界をお楽しみください。

今回の購読者の方への自動配信は、次の5編です。

「真の自己(21):覚醒」https://wp.me/pavZMB-5vP
:真の自己は、対立する人格同士が一致する瞬間ごとに生成・消滅する自己と世界そのものと思われます。
「真の自己(22):自己と世界の一体化」https://wp.me/pavZMB-4n3
:真の自己とは、自己と世界が一体化した状態です。内と外の区別がなく、全てが一つになります。自己は世界であり、世界は自己として体験され、両者の間になんら区別がない状態が真の自己です。
「社会的包摂能力(5):地域格差」https://wp.me/pavZMB-4mY
:同じような家庭状況にも関わらず、ある地域Aでは、児童養護施設への入所などによって保護することになり、ある地域Bでは、在宅での支援に踏みとどまることができるという地域格差があるという実態を無視してはなりません。
「自己と世界(18):根源的無境界性」https://wp.me/pavZMB-4mT
:自己と世界の関係は根源的に無境界であると考えています。こうした考え方は、哲学や科学の分野のみならず、私たちの人生や社会のあり方にも影響を与えます。
「心理社会的支援におけるアハ体験とその影響」https://wp.me/pavZMB-5Gb
:被支援者と支援者が安全かつ安心して共創的に俯瞰し、アハ体験の一致の体験を手がかりに、少しでも自己と世界の一致が高まる様な適切な自己を自己組織化することができるのです。

※対人援助職にある専門家に対するスーパービジョンや教育的自己分析をご希望の方は、「お問い合わせ・ご予約フォーム(http://kokoro.racoo.co.jp/yoyaku)または、お電話(052-852-8381)にて、お問い合わせください。スーパービジョン及び教育的自己分析の方法は、“こころ”の内的世界及び外的世界を共に扱う心理社会的支援法の統合的アプローチの立場です。参考図書は下記の通りです。

<参考図書>
・「子ども虐待事例から学ぶ統合的アプローチ─:ホロニカル・アプローチによる心理社会的支援」
千賀則史・定森恭司著,2022年,明石書店.
・「ホロニカル・アプローチ:統合的アプローチによる心理・社会的支援」
定森恭司・定森露子著,2019年,遠見書房.
・「ホロニカル・セラピー:内的世界と外的世界を共に俯瞰する統合的アプローチ」
定森恭司著,2015年,遠見書房
・「教師とカウンセラーのための学校心理臨床講座」
定森恭司編,前田由紀子・中村美津子・花井正樹・定森露子著,2005,昭和堂.
<お勧めサイト>
・カレーの話だと、なぜかみんなやさしく対話ができることを徹底的に明かにした、ホロニカル論と相性がとてもいいユニークな「カレー理論」です。
https://note.com/universalfood/n/nf649497162fd
・「場所的自己」に関する論文です。
https://drive.google.com/file/d/1WAPN1NxVxS6kBgRE50VIZCX7zp4Qsl-D/view
・家庭訪問の智慧に関する論文です。
https://drive.google.com/file/d/137FwIg2oXHlDTelvqfkbsADZHTMOucBM/view
・ホロニカル・アプローチのABCモデルに関する論文です
https://drive.google.com/file/d/1sLHO7Q8a4KWw-FkMQplx7qoS6g3QkVYy/view
・当事者研究に関する研究ノートです。
https://drive.google.com/file/d/1Z8hl4WtcKcvSpmn-Bvha3T8X__AMAdhZ/view
・ホロニカル・マガジン
http://kokoro.racoo.co.jp/magazine/