-内的世界と外的世界を共に扱う総合的アプローチ-
ホロニカル・アプローチとは、“こころ”の深層から、身体、関係性や社会に至るまで、自己(部分)⇔世界(全体)の関係を自由無礙じゆうむげに俯瞰しながらアプローチするもので、フロイトやユング、家族療法、プロセス指向心理学、システム論、ナラティブ・セラピーに加え、西洋哲学から東洋思想までをバックボーンに、生命力の溢れる情感をともなった“こころ”そのものの体験を扱っていく心理相談の思想および技法のことです。

※ 詳しくは、心理相談室こころ室長 定森恭司著書の「ホロニカル・セラピー:内的世界と外的世界を共に扱う総合的アプローチ)」(遠見書房,2015)を参照ください。

記事一覧
三点法

安全感・安心感をもたらす具体的な内的リソースと、トラウマ体験となっている特定の記憶表象との直面化を意図的に交互に繰り返すことで、トラウマ体験に伴う過剰な警戒心、恐怖感、緊張感や否定的認知の軽減または緩和を図る方法を「三点法」と呼びます。

ホロニカル・アプローチで、トラウマを扱う際のよく活用する技法です。

トラウマ体験は、想起そのものが苦痛となることが多く、不用意にトラウマ性の記憶に触れる、かえってそれまで否認・隔離されていたトラウマによる身体的反応や陰性感情のフラッシュバックを強める危険性があります。トラウマを扱うときには、こうした危険性に十分に配慮する必要があります。
配慮とは、トラウマと向き合う準備と覚悟などの心的条件整備のことです。
・面接の時空間が絶対的に安全かつ安心であると感じられていること。
・現在における日常生活では、継続的なトラウマ体験との遭遇がほとんどなくなってい ること。
・面接中、自律神経が興奮してきて、過覚醒・過緊張状態に陥っても、その状態からすぐに抜け出すことのできる安全感と安心感の復活をもたらす内的リソースをカウンセラーと共に幾つかもっていること。例:最近ハマッている出来事の記憶、心地よく感じた場所のイメージ、幼児期の楽しかった体験の記憶などです。その他、視点を内界から180度切り替えて、「ボーッと外を眺める練習」や、「今・ここで、足の裏やお尻が何かに触れている接触面の身体感覚への集中」「振り子時計の振り子を何も考えずに20分間見ている」なども有効です。三点法では、こうした内的リソースを徹底的に活用します。

条件が整ってはじめてトラウマ体験時の想起と、内的リソースの想起による三点法が実施されます。

三点法は、今・ここにおける自己と世界の一致の安全・安心を手がかりとして、過去における自己と世界の不一致における危険・恐怖の間を、意識的に往復することによって、一致・不一致のうちに、自己と世界の一致度をより高めていくような新しい人生の生き方の発見・創造していく技法といえます。

「自己と世界の一致・不一致をめぐって、自己は、自ずと自己と世界が一致する方向に自己組織化する」というのが、ホロニカル・アプローチの基本的哲学ですが、三点法は、ホロニカル・アプローチの中でも、もっぱらトラウマを中心にして展開する技法といえます。

-三点法の事例-

事故現場の目撃によるトラウマへの三点法の活用例です。

※以下、クライエント:Cl、カウンセラー:Coと略記。

Cl:「一昨日の夜(途端に顔が曇り、下向き加減になり、声もか細くなる)、地下鉄で飛び込み自殺があって……それが目に焼き付いてしまって、夜になると思い出してしまって……」
Co:<一昨日の夜の地下鉄で飛び込み自殺が目に焼き付いてしまって、夜になると思い出すんですね>

※Coは、Clさんの面接時の様子を見ながら、トラウマの記憶の不快な気分と記憶に圧倒されないように細心の注意をしながら応答しています。

Cl:「しんどい。焼き付いてしまって……」
Co:<目に焼き付いてしまった後、どうされましたか>

※ Coは、なにげなく「無意識行為の意識化」を促進しています。
Cl:「そのまま布団に入って……モヤモヤしてくるので、そのまま寝ました」「でもまだ血のあとも残っているので……」
Co:<眠れましたか>
Cl:「まあ、なんとか」

※Coは、見た時の気分の明確化と「スケール化」を図ります。

Co:<見た時の気持ちはどんな気持ちでしたか、またその時の気持ちを最大を「10」とし、まったくない状態を「0」とするといくつになりますか?>
Cl:「怖い:10」「怒り:7」
Co:<どんな気持ちからの怒りのようですか?>
Cl:「落ち着ける場所を奪われた怒り」
Co:<ところでClさんにとって、落ち着ける場所って、どんなところですか? これまでの人生の中でとても落ち着けたなあと思った場所の記憶があったら教えていただけますか>

※Coは、Clさんの安心できる内的リソースの想起を求めます。

Cl:「実家の縁側で、ひなたぼっこしていた時」
Co:<その場面を、ゆっくりと思い出していただけますか?>

※Clさんは、ゆっくりと想起をはじめる態度となります。
Co:<今 、Clさんは、どこにいるんですか?>

※詳細に聞き取ることで、あたかも今がその時の時空間であるかのように再現できるようにしています。

Cl:(閉眼。思わず笑みがこぼれながら)「縁側です。近くに猫がいます。リラックスしています。猫が膝の中にいて、猫ものんびりとしています」

Co:<他に何か見えますか>
Cl:「タンポポが見えます。ふわーっと通る風、日差しはやわらかい」
Co:(共感的に場面再現しながら)<時間はいつ頃ですか?>
Cl:「昼すぎです」

Co:(再度、こと細かく再現後)<それでは、今から、その風景を写真にとって、その写真をいつでもとりだせるように身体のどこかの宝箱に入れることができますか?>
Cl:「はい、簡単にできました」

Co:<どこにしまいましたか?>
Cl:「ここのあたりに(みぞおちあたりを両手でさする)」

Co:<それでは、また取り出してみて下さい>
Cl:「はい、できました」

Co:(何度もいつでも取り出せるようにした上で)<さて、今、恐怖感は数字で表現すると?>
Cl:(笑いながら)「0です。まったくありません」

Co:<怒りは>
Cl:「やはり0です」

Co:<それでは、今後は、目に焼き付いてしまった場面を思い出していただけますか>
(途端に顔を歪めます)
Co:<それでは、先ほどの恐怖感10や怒りの7などに何か変化がありますか>
Cl:「不思議、靄がかかっている。恐怖感は8。怒りは2くらいになりました」
Co:<それでは、もう一度、写真を取りだしてください>
Cl:「はい、できました」

 

Co:(場面を再構成した後)<季節は春ですか?>
Cl:「はい、サクラがつぼみかけていました」
Co:<風の感じとか、温度とか感じられますか?>
Cl:「はい、南から北に流れる風ですね」「穏やかな暖かい日です」
Co:(再構成後)<それでは、もう一度、一昨日の目に焼き付いた場面を思い出していただけますか>
Cl:(顔を歪めますが・・)「あっ、小さくなっている。遠くになっている」

Co:<先ほどの恐怖感8は>
Cl:「6」

Co:<怒りの2は>
Cl:「0です。怒りはない」

Co:<先ほどの恐怖感8は>
Cl:「6」

Co:<怒りの2は>
Cl:「0です。怒りはない」

 

※詳しくは、心理相談室こころ室長 定森恭司著書の「ホロニカル・セラピー:内的世界と外的世界を共に扱う総合的アプローチ」(遠見書房,2015)を参照ください。