ホロニカル心理学は、心的症状や心的問題などの生きづらさを抱える人たちへの心的支援としてホロニカル・セラピーを研究していく中で、これまでの心理学概念のパラダイムから新しいパラダイムへのシフトへの必要性から自然に形成されてきました。

 ここでは、ホロニカル心理学やホロニカル・セラピーで用いられる主要概念について説明します。

※詳しくは、心理相談室こころ室長 定森恭司著書の「ホロニカル・セラピー:内的世界と外的世界を共に扱う総合的アプローチ)」(遠見書房、2015)を参照ください。

ホロニカル心理学で用いられる重要概念

1.こころの仕組みを理解する時
に用いられる主な概念
※ホロにかる心理学の心的構造論にあたます。

2.こころのあらわれ方を理解する時
に用いられる主な概念
※ホロニカル心理学の心的現象論にあたります。

3.こころの発達を理解する時
に用いられる主な概念
※ホロニカル心理学の発達論にあたります。

4.ホロニカル・セラピーで活用される主な概念
※ホロニカル心理学の発達論にあたります。

直接体験(自己と世界の出会い)

自己と世界の出会いは、直接体験となります。

自己と世界は、自己と世界の一致・不一致の出会いを繰り返しており、直接体験には、いずれもの体験も含まれます。

直接体験には、意味、価値、方向性などの理を含む精妙な感覚の揺らぎが含まれます。この揺らぎが、自己や世界の実感の基盤となっています。

直接体験には潜在的理が含まれ、現実主体(我) が自覚すると顕在化する理(ホロニカル主体(理) )に変わります。

直接体験に対して開かれた態度をとるのか、それとも閉じた態度をとるのかは、自己と世界の関係の認識の違いをもたらします。開かれた態度をとる時、全存在、全世界が、観察主体によって、分断され、バラバラの万物によって構成されていた世界が、一気に、全一的存在として、あるがままに実感・自覚されます。ホロニカル心理学で、ホロニカル体験と呼ぶものです。

「自分が薔薇の香を嗅いで幼児の追憶に耽る時、自分は薔薇の香に因って幼児の記憶を想起したのではない、香の中に幼児の記憶を嗅いだのである」(ベルグソン)というように、直接体験には、すでに過去となった記憶も含まれています。また、これから開けてくる未来の予感も直接体験に含まれています。

人間の直接体験には、物理・生物的世界だけではなく、歴史・社会的世界としての世界も含まれています。

心理学は、直接体験の直覚との自己照合に基づくものでなくてはならないと考えます。

※詳しくは、心理相談室こころ室長 定森恭司著書の「ホロニカル・セラピー:内 的世界と外的世界を共に扱う総合的アプローチ)」(遠見書房、2015)を参照ください。