ホロニカル心理学は、心的症状や心的問題などの生きづらさを抱える人たちへの心的支援としてホロニカル・セラピーを研究していく中で、これまでの心理学概念のパラダイムから新しいパラダイムへのシフトへの必要性から自然に形成されてきました。

 ここでは、ホロニカル心理学やホロニカル・セラピーで用いられる主要概念について説明します。

※詳しくは、心理相談室こころ室長 定森恭司著書の「ホロニカル・セラピー:内的世界と外的世界を共に扱う総合的アプローチ)」(遠見書房、2015)を参照ください。

ホロニカル心理学で用いられる重要概念

1.こころの仕組みを理解する時
に用いられる主な概念
※ホロにかる心理学の心的構造論にあたます。

2.こころのあらわれ方を理解する時
に用いられる主な概念
※ホロニカル心理学の心的現象論にあたります。

3.こころの発達を理解する時
に用いられる主な概念
※ホロニカル心理学の発達論にあたります。

4.ホロニカル・セラピーで活用される主な概念
※ホロニカル心理学の発達論にあたります。

場とは、生と死、意識と対象、主観と客観、物と物、自己と他者、自己と世界などあらゆるものが、観察主体と観察対象という関係となって交錯し関係しながら立ち現れくるところのことです。

ここでいう場とは、ただ単に時間と空間によって与えられるところを指すのではなく、可視的世界と不可視の世界が交錯しつつ、有と無をめぐって万物が生成消滅しながら時間と空間を与えられるところという意味です。

場からホロニカル主体(理) によってある対象を識別すると、識別する主体にとって、場は識別された対象の背景となって気づかれなくなってしまいます。
家で例えると、家は、食卓、トイレ、風呂、寝室、柱、壁などいろいろなものから作られています。しかし、この家から、家にいる食卓を意識的に区分した途端、食卓が存在として意識されても、家の全体は背景となって意識されなくなってしまうのです。

場の乱れは、自己にとっては、直接体験レベルでの違和感・馴染めなさとして実感されます。

場と自己間に揺らぎを自己が直覚している時は、自己と世界の間の不一致感となります。この時、自己と世界の一致を高めるためには2つの方向があります。1つは、自己自身を変容させる方向であり、他は場の変容に自己が参画していく方向です。

自己の変容は世界の変容に影響し、世界の変容は自己の変容に影響しながら、自己と世界は、ひとつの場を構成しています。

「直接体験」と「場」との関係は、自己にとってコインの裏表の関係といえます。

※詳しくは、心理相談室こころ室長 定森恭司著書の「ホロニカル・セラピー:内 的世界と外的世界を共に扱う総合的アプローチ)」(遠見書房、2015)を参照ください。